東 京 支 部 掲 示 板


   全国の善男善女が書きこむ板です。
 
 『新しい歴史教科書』が文字通り新しくなって生まれ変わりました。
歴史教科書刷新の運動は新たな時代に突入致します。
伝統に学んだ豊かな知恵を集め、汚れのない心で若い世代を育てましょう。


つくる会のtwitter

自由社
     新しい歴史教科書をつくる会  つくる会 東京支部
 

[810] 近隣 反日国 =“下ちょうせん”に依る“醜悪”極まる実態 Name:BLACK HOLE Date:2014/05/11(日) 16:23 [ 返信 ]
[ 拡散 ]希望

近隣 反日国 =“下ちょうせん”に依る“醜悪”極まる実態

近時“下ちょうせん”の醜態/実態が 次々に“出るわ 出るわ”正に
止まることを知らずの“ご盛況”でありますが ...

実は NET の世界に於いては 上記の“下ちょうせん”に関する“醜態情報”は
旧来より“知る人ぞ知る”衆知の事実である。

換言しますと 今に 始まったことでは有りません。

但し 日本国に於ける“偏向マスゴミ”即ち“T.V  & しんぶん”に限定した
範囲内での情報の 取得方法のみでは“知り得る”ことは不可能では有るが ...

直言しますと 前記の“下ちょうせん”に関する“醜態情報”なるものは 大多数の善良なる日本国民/有権者に対しましては“偏向マスゴミ”に依る“得意技”である
“ 編集権 ”なる 美名の元に 巧妙/巧緻に“隠蔽”され 騙しの
テク二ック を駆使されつつ 日本国民/有権者は 愚弄されているのが
残念ながら 厳然たる 現状/現実である。

此処で 前記 抽象論のみでは 迫力として いまひとつ と思われます故 具体的な
例の ユーチューブ動画情報を 提示させて戴きます。

本 掲示板 参集者 各位に 於かれましては 既に ご存知の“貨客船 沈没 事犯”
並びに“地下鉄 追突 事犯”に関する事件と 同種/類似の“下ちょうせん”に関する
“醜態情報”が過去に於いても 既に発生して居ります。

繰り返し 付言します。

“下ちょうせん”に於いては この種の 醜悪なる“事故/事犯”なるものは
“本質的/体質的”な 拭い難きものであり かつ 必然的に“一朝一夕”には
“まともな”体質に改善することは 有り得ないものと断言する次第である。

下記 添付 動画情報は 確か 去年の夏ごろに 発生した事犯ですが ...
“下ちょうせん製”の 所謂“ぱくり新幹線”の存在は ご承知のことと存知ますが ...  当該“ぱくり新幹線”が 脱線転覆事犯を 発生させて居ります。

http://www.youtube.com/watch?v=jok7ptf2dTI
http://www.youtube.com/watch?v=ZwP1rWS38Z4

おまけの情報ですが ...当該 筋金入りの“反日国 = 下ちょうせん”は
何と“身の程を知らず” ...なる 事故/事象を 発生せしめている。

それは 何と 何と 破廉恥 極まる 異様なる行動として 問題の
当該“ぱくり高速鉄道列車”なるものを外国 =“ウクライナ”へ輸出している事例が
判明している。

勿論 その結果としては 例に依って 例の如く 事故多発が 派生し“使用不能”なる
宿命に 遭遇している模様である。

http://www.youtube.com/watch?v=hS56KN0J4HM

[811] 近隣 反日国 = "下ちょうせん”の実態 Name:BLACK HOLE Date:2014/05/16(金) 18:59
  [ 拡散 希望 ]

近隣 反日国 = "下ちょうせん”の実態

日本国内に於ける“日本人/有権者”の圧倒的 大多数が 所謂“偏向マスゴミ”
即ち“T.V & しんぶん”よりの“情報源”のみに依存している
現状/現実が 存在するが ...

下記 添付 ユーチュー動画情報を ご覧願います。
 
理屈も へたくれも無く“反日こそ 我が命”なりとの使命の元に 何ら 恥じ入る
こと無く“国是”として 只管“反日指向”に邁進する“姿態/痴態”が拝見されます。

罹る 現実/現状に対して 日本国民/有権者の税金により 生存が維持されている
“NHK = 日本偏向放送協会”を筆頭とする“偏向マスゴミ”どもは
“事実を事実として報道する”...なる 最低限としての 責務/責任を 是 又
平然として 恥じ入ること無く“放棄/放擲”している 事実がある。

下記 添付 動画情報は“下ちょうせん”に依る 所謂“反日教育”の現状/実態である。
http://www.youtube.com/watch?v=-CsW8IBZ8FI

上記 添付 動画情報 =“下ちょうせん”の現状/実態を認識するに 及んで
ごく 普通の まともな大多数の 日本国民/有権者 各位は 如何なる
感懐を享有するや?

次に 下記 添付 ユーチューブ動画情報は 何と 意外にも“フランス マスメディア”より発信された情報です。

“毒にも薬にも成らない”/“人畜無害”な愚劣 極まる情報を“垂れ流す”のみの
日本国内の“マスゴミども”との 比較に於いて その“格差”の 余りの違いに
驚愕し 動顛しました。

先ず この フランス発 動画情報は マスメディア としての当然の“責任/責務”
である所の“事実を事実として”報道する姿勢が 見事なまでに 貫徹されている
ことに在る。

繰り返します 至極“まともな”形で 短刀直入に“事実を事実として”報道している。

又“まともな”ごく 普通の日本国民/有権者が 共鳴し納得する主張 即ち
正に 正鵠を射た 急所を突く形で 現状に於ける 日本国内の“問題/事犯”を
“ずばり”と 指摘し報道している。

種々 思考しますと 特に“フランス”に限らず“欧州 諸国”に共通する事象ですが ...
ヨーロッパ の場合 陸続きの国境で連なる 数多の国家間での“騙し/騙され”/
“侵略/略奪”を繰り返す 長期に亘る 過去の歴史が存在する。

その成れの果てとしての 必然的な 結果として 現実を直視した“厳しい”熾烈な
“国家観”が 派生することは 至極 最っともなものであるが ...

フランス人の それと対比するに 例え 日本人の“国民性”とは言えども 現実の
峻烈を極める“近隣 反日国”に依る 不当なる“威嚇/圧力”に対峙すること無く
“不都合な真実”として 眼を背ける 日本国民/有権者が 少なからず存在する
事実に対して“フランス人 マスメディア”は 下記の“つぶやき”を 発っしている
ことが 推察されるが ...

「 近隣 反日国 並びに 在日 工作員どもが 呼応する形態にて
“遣りたい放題/言いたい放題”比類 無き“侮辱/侮蔑”を 浴びせる
 現状に対して 日本人は 何故に“黙認/黙視”しているのか?
   果たして 日本人には 人間としての“プライド”は 有るのであろうか? 」
 http://www.youtube.com/watch?v=Nsp3FWdxTj4

追記 です。

“平和 平和”と叫び続け“憲法九条 死守”なる“たわごと”を“ほざく”
異常/異様なる 現実無視の日本人が 少なからず 存在するが ...
罹る 輩どもが 生存し得る根源は 何か?

その 第一の根源 筆頭は“事実を事実として報道せず”隠蔽する 悪辣なる
“ひだりまきマスゴミ”ども 及び その内部に 密かに/隠微に 寄生する
在日 工作員どもにあり!!
第二の根源は 戦後70年間を迎える 現時点に於いても 尚 少なからず生存する
小.中.高 教育 界を“牛耳る”“日教組”の存在である !! 

所で 上記“ひだりまき”&“マスゴミ”どもは“平和/護憲”なる“たわごと”を
念仏の如く 叫び続ければ“共産党一党独裁国”支那に依る“尖閣諸島”の領海侵犯
並びに“下ちょうせん”に依る“竹島”不法占拠が 解消するとでも“ほざく”のか?
是は 正に“妄想/幻想”の世界である。

但し 在日 工作員の場合は その究極の目的は 単純である。

即ち 憎むべき日本国を凋落せしめた後“乗っ取り”日本人を奴隷国民として
“服従/隷属”せしめることに有ること 明白である。

換言しますと 日本国を 完全に“プライド”を喪失した 所謂“奴隷の平和国家”
として 細々と生き永らえる“隷属国家”として 貶めることが 究極の目的である。

但し 誠に 奇妙なことでは在るが 日本国籍を有する“日本人”で有りながら
前記の“奴隷の平和国家”を容認/公言する“ひだりまき”ども 即ち
“似非 文化人/似非 知識人 並びに 政治屋”等々 数多 存在する。

[注]“憲法九条”の存在が 日本が平和国家で在り続ける所以である ...言々
   なる“たわごと”を“ほざく”輩ども 即ち“護憲派”なる 輩どもは
   その典型例である。

更に 追加の“下ちょうせん”情報ですが ...

下記 添付 ユーチューブ動画情報は“反日 命”なる 稚拙 極まる“告げ口外交”
なるものを 執念深く 継続中の“パク クネ”の 前任 大統領 時代(名前は忘却)
即ち“左翼ちょうせんミンス党”政権 時代の情報と思われるが ...

その 概要は 日本国民/有権者の“血税”から“400億ドル”を
例に依って 例の如く 巧妙に“略取/搾取し/かつ上げする”謀略/策謀である。 
 http://www.youtube.com/watch?v=cJK1TFJs72M

振り返るに 日本国に於ける 過去の数年間ではあるが 日本国民/有権者は
当該“左翼ちょうせんミンス党”政権を 選択/投票した事実を 想起すべきである。


この 時点に於いて 日本国民/有権者は 正に“地獄の奈落”へ 引きずり込まれる
“危機一発”寸前の状況に 直面し“左翼 偏向マスゴミ”に依る 卑劣 極まる
“謀略/陰謀”/騙し たぶらかし”の常套手段に ものの見事に嵌り 危機存亡の道を“さまよい”続けていたことに成るが ...

[812] RE:近隣 反日国 =“下ちょうせん”に依る“醜悪”極まる実態 Name:藤巻 Date:2014/05/31(土) 23:18
パチ屋の遠隔システムも今では当たり前。

ジャグラーなんて定めた回転数でいつでもペカらすことができる。

バケ連、ゾロ目、大ハマリ、これらも全て遠隔により一回転の狂いもなく操作できるのだ。

それにより集団ストーカー被害者は確実に負ける。が、逆に集スト側から当たりを誘発することも可能だ。

加害者側はいくらでも金を抜くことが出来る、やはりテク犯は問題が尽きない。

[809] “ミンスちょうせん党”“フクヤマ”が“墓穴を掘る” Name:BLACK HOLE Date:2013/12/08(日) 17:23 [ 返信 ]
 [拡散 希望]

“ひだりまきミンスちょうせん党”“フクヤマ”が“ぶざまな”“墓穴を掘る”

現在 参議院 委員会に於いて“特定秘密保護法案=スパイ防止法案”の国会質議が
進行中であるが“例に依って例の如く”“ひだりまきども”が 必死の形相を 露呈し
こぶしを振りかざし“理屈も へちまも”無く 当該 法案の“廃案/阻止”が
先に有りきの“横暴/無謀”なる愚策を“騒音/雑音”と共に 画策しているが ...
[注]昨日 当該 法案は 衆参両院 共に“多数決”にて可決されているが ...

特に 国会の 参議院特別委員会 質疑に於ける“ひだりまきミンスちょうせん党”
元 在日“フクヤマ”が お得意の ど派手な“罵声/嬌声”を“ほざいて”ご活躍?? を披露しているが ...

そもそも論/本質論を 思考すると 当該 特定秘密保護法案 即ち“スパイ防止”なる法案が 若し“廃案/阻止”された場合 泣いて喜び 欣喜雀躍する“国”は何処や??

そうです それは 日本国民/有権者 各位の 衆目が一致する 所でもありますが ...

単刀直入に ご披露しますと ご存知“近隣 反日国”即ち“共産党一党独裁国 支那
& 上/下ちょうせん”である。

尚 日本国内の“ひだりまきども”も 同じ穴の“むじな”であることは
今更 言うまでも無いですが ...

上記 事実より敷延しますと“ひだりまきミンスちょうせん党”の国会議員どもが
公衆の面前 = 公開 T.V 報道されている 国会の議場内に 於いても
正に“狂気の沙汰”と思われる程の“罵詈雑言”を“わめきちらし”何らの
“羞恥心”も無く 当該 法案に反対/阻止する“行動/理由”は 何ゆえか ??

答えは 単純明快です。
それは 前記“近隣反日国”等々と“ミンスちょうせん党”との間に於いて“ずぶずぶ”の“ぬきさし成らぬ”“ご関係”?? が存在することの
“証明”である。(下記 添付 動画情報を ご覧になることで“納得”戴けます)

換言しますと 日本国民/有権者を“たぶらかし/騙し”かつ 更に その目的は
日本国を“凋落”せしめ“衰退”した“三流国”に貶めることが“ミンスちょうせん党が
画策する 究極の“見果てぬ夢”でもある。

因みに 現在 開会中の 衆議院 本会議に於いて 今や 日本国の“存亡の危機”
とも言える 例の ご存知“尖閣諸島”を 包含する“共産党一党独裁国 支那”に依る 突然/唐突な“防空識別圏”設定 事件の発生に 伴い 急遽 下記の“日本国の国会”の意思として 当該“防空識別圏”の“徹回/徹廃”を要求する国会“決議案”を
提示し決議したが“ミンスちょうせん党”の“全 議員ども”は この決議を拒否して
“国会議場”より“退場”している 事実が在る。

上記の 当該 事実は“ひだりまきマスゴミ”= T.V/ちょうにち/まいにち系
等々には“不都合な真実”として報道されず 日本国民/有権者に対しては
例に依って 例の如く“隠蔽”されている。

上記 厳然たる事実より 類推しますと“ミンスちょうせん党”なる政党は
正に“ご立派な”?? 紛れも無き“ちょうせん党”そのものである。

更に 更に 直言しますれば“ミンスちょうせん党”なる“政党もどき”に所属する
“国会議員ども”は 国会議員としての 最重要な“至上命題”である
日本国民/有権者の“生命/財産”の“死守” 即ち“安全保障/国土防衛”なる
“意識/認識”が 完全に欠落して居る“輩ども”であると 断定すべき存在である。

此処で 敢えて 付言させて戴きます。
僅か 数年 以前に於ける 過去に発露した 日本国の“事実/事象”ですが ...

前記の“不埒 極まる”政党もどき =“ミンスちょうせん党”なる存在を
過去に於いて“日本国民/有権者”は“政権政党”として“選択”した事実もある。

それが 例え 2〜3年間 とは言えども 是 又 厳然たる事実として 耐え難き
慙愧の念を込め 再度 反省を込めて 認識/自覚すべきである。

但し 上記 日本国民/有権者が“左翼”の“プロパガンダ”に ものの見事に“はまり”
“たぶらかされた”最大の要因は 偏向報道の張本人である“ひだりまきマスゴミ”に
在ることは“明確/明白”であるが ...

所で 現在 参議院 特別委員会が 開催されて居りますが 当該 委員会に於いて
“ひだりまきミンスちょうせん党”元 在日“フクヤマ”なる“大根役者”が演じた
下記 添付 動画情報を ご覧 下さい。
 http://www.youtube.com/watch?v=pwzxrYJT-a0

序に“ひだりまきミンスちょうせん党”なる政党が 何ゆえに“ちょうせん党”なる
固有名詞を 拝しているのか ??

その 明確/明白な 理由が 下記 添付して居ります 数多の動画情報(ユーチューブ)を ご覧 戴きますれば 了解されるものと思われます。

先ず“ちょうせん党”第三代総理大臣“ノダ”に依る“違法 在日外国人”
“献金 事犯”です。
 http://www.youtube.com/watch?v=QUUoCXvPGbI
 http://www.youtube.com/watch?v=nURE8P_wHYg

次なる“演目”は“ちょうせん党”第二代“カンカラカン政権時代”に
於ける“マエハラ”等々に依る 是 又 違法な“在日外国人 献金 事犯”です。
 http://www.youtube.com/watch?v=AroUJq243Es

次なるものは“ちょうせん党”政権 時代に於ける“大臣ども”の 就任式
時点に於ける“興味 深々”なる“動画情報”です。

日の丸/国旗を 前にして 自国の大臣が“就任式”に於いて“無関心/無視”を
“決め込み”恰も それが無きもの”で在るかの如く 平然として 遣り過ごす
“姿態/醜態”を 目の当たりにして“まともな”普通の日本国民/有権者は
如何がなる“感懐”を抱くや ?

序に 同 画像情報に“しゃしゃり出てくる”“ひだりまきコメンテーター”と称する
“輩ども”にも 注目して下さい。

是は“左翼”=“日教組 教育”に 飼い慣らされた“無知蒙昧”の“輩”どもであるが ...
尚 是を“無視”することも 大歓迎です。
[注]一般の 国民と 国家を代表し かつ 日本国民/有権者に依る“税金”を
   食らいつつ“認知/認容”されている“大臣”とを“同一視”する“幼稚/稚拙”
   な“愚論を“ほざく”“オオタケ”なる“輩”が目障りでは在るが ...
   尚 罹る 輩は 従前よりの“札付き”の“ひだりまき”であり
   “ちょうにち/まいにち系 T.V”での“こがねかせぎ”(ギャラ)を喰らい乍ら
   生存している存在である。
 http://www.youtube.com/watch?v=Z_MiT32Vv-Q

以下の“動画”は“軍事独裁国”北鮮と“ちょうせんミンス党”との
“ずぶずぶ”の“ご関係”を明示する“動画情報”です。
 http://www.youtube.com/watch?v=5676aHUqSVs
 http://www.youtube.com/watch?v=h2qJd3uJutc
 http://www.youtube.com/watch?v=715_rQU3lVs
 http://www.youtube.com/watch?v=KHEAQU7WCBg

 追記です。

前記 数多の“動画情報”は“左翼/ちょうせんミンス党”が 打倒された後に
“雨後の 竹の子”の如くに 出るわ 出るわ 留まる事 無しであるが ...

当該“真実/事実”を明確に明示する 稀有なる/貴重なる“動画情報”が
何ゆえに“大量に”流出する事態に 至ったのか ?? その理由は 如何 ??

その 最大の理由は 過日の“政権交代”に在ることは 明白である。

罹る 意味に於いては“日本国民/有権者”は 過日の“衆参議員選挙”に於いて
極めて“英邁/賢明”なる“政権 選択”を成就したことも 明白である。

又 その反面として 日本国に於ける“左翼 マスゴミ”=“左翼 T.V/新聞”
等々 なる“しろもの”は 如何に“胡散くさい”/“信頼性の皆無な”存在であり
かつ 日本国民/有権者に取っては 極めて“無用な存在”であり 又
甚大/重大なる“偏向報道”なる“害悪”を“ばらまく”存在でもあることを
如実に“証明”している。

敢えて 更に 付言しますと“マスコミ”なる存在は より“真実”なる報道に
邁進することのみにて 初めて“日本国民/有権者”に“認知”されることを
“肝に銘じて”“自覚”すべきである。

現状の如く 己のみに 都合の良い“偏向/虚報”を“たれながす”悪行を
実行している限り 日本国民/有権者は 永久に 是を“認知”せず
“叩き潰す”行動を 飽くまで 追及する所存である。

今や 日本国民/有権者は“マスゴミ”に 充分 対抗し得る“有力/強力”な
“対抗手段”を 獲得している。
そうです その“名”は“インターネット”です。

此処で 普通の“まともな”心ある“日本国民/有権者”各位への“希求”ですが ...
取り合えず ご自身の“選挙区”に所属し かつ 己の信ずる“国会議員”に
対して“ネット”を利用する“形態”にて“圧力”を掛けて下さい。
尚 実は 小生 自身も 又 上記の 行動を実行しつつ在ります。

何せ“国会議員”なる存在は“落選”即ち 選挙に落ちることは 己の“生命”を
喪失することの次に“恐怖/脅威”の対象です。

故に 万難を排しても 最優先の“行動規範”なのです。
保障します。 “効果絶大”です。

[808] “ひだりまきども”に依る空疎なる“たわごと/念仏”を叩く Name:BLACK HOLE Date:2013/11/28(木) 18:43 [ 返信 ]
 [拡散 希望]

“ひだりまきども”に依る空疎なる“たわごと/念仏”を叩く

日本国民/有権者の圧倒的 多数は 過日の衆参両議院選挙に於いて
結果的には 現状の“安倍政権/与党”を支持する形態にて 投票行動を
行使したのであるが ...

近時 反日“偏向マスゴミ”=“T.V報道”等々を 筆頭とする“ひだりまきども”
に依る 執拗/陰湿な 反“安倍政権 叩き”報道が 頻繁に目撃される。

例えば
“集団的自衛権”なるものは 地球の裏側まで廻り込み“戦争”を仕掛ける
謀略だ...言々

更に 所謂“ひだりまき護憲派”なる輩どもは 現状の 平和憲法が存在するが故に
日本の平和が保たれている ...言々なる“たわごと”を“ほざいて”いるが ...

上記の“たわごと”主張なるものは 現時点/現状に於ける 近隣“反日国”即ち
“共産党一党独裁国 支那”並びに “上 & 下 ちょうせん”よりの
不条理 極まる/執拗なる“威嚇/恐喝/恫喝”を受け続けつつ在る“日本国”の現実を
思考すると 正に“リアリティー”の皆無な 荒唐無稽な“空理空論”であり かつ
比喩的な表現にて換言しますと“平和 平和”と 叫び続ければ“平和”の 女神が
日本国に舞い降りて頂ける筈である ...言々なる 稚拙 極まる 幼稚な
“妄想/幻想”でもある。

但し 上記の“ひだりまきども”に依る 現実を無視した“妄言/念仏”なるものは
“日本国民/有権者”を“たぶらかす”為の 予てよりの 常套手段でもあるが ...

そもそも論として 戦後六十数年間“日本国”は現実/事実として 果たして
完全なる“平和”を享受する国家だったので在ろうか?
現在 尚 進行中の 具体的な一例を提起すると 不条理 極まる
“軍事独裁国 北鮮”に依る“拉致事件”であるが ...

“ひだりまきども”が 事あるごとに“偏向マスゴミ”を 狡猾に利用する形態にて
“錦の御旗”の如くに 常に“わめきちらす”常套句/念仏が在る。
その言葉は 曰く“人権侵害だ!!”/“差別だ!! ...等々であるが ...

“軍事独裁国 北鮮”に依る 拉致事件の本質は 正に“ひだりまきども”が
“わめきちらす”所の 究極の“人権侵害 事犯”であることは明白である。

所が 誠に不可思議なことに“ひだりまきども”は“軍事独裁国 北鮮”に依る
“日本人 拉致被害者”に 対しては 恰も 不都合な“事実/真実”として
今 尚“だんまり/無視”を 決め込んでいる。

これぞ 唾棄すべき“卑劣/卑怯”/愚劣 極まる“ダブルスタンダード”である。
但し 上記 当該 事象は“ひだりまきども”の年来よりの 救い難き
“悪癖/習性/特性”では有るが ...

上記の 罹る 日本国内に於ける“ひだりまきども”が“跳梁跋誇”する現状/現実は
何を 意味するので在ろうか ??

日本国を“貶め/辱め”凋落せしめる“明確/明白”な意図を秘めた“獅子身中の虫”
ならぬ“獅子身中の化け物 = 左翼”なる存在 換言すると“我が祖国 日本”なる
“感性/意識”が ものの見事に欠落した“輩ども”が 少なからず 日本国内に
隠然として存在することを 日本国民/有権者は 銘記すべきである。

所で 日本国の 年間防衛費(人件費を包含する)は GNP比 1% 以下であるが
“反日 無罪”を“国是”とする“共産党一党独裁国 支那”の年間軍事費は
日本国の10倍 以上 とも言われている。
但し その内容は 漠として判然とせず“隠蔽”されているが ... 

更に 是 又 現在進行形の事象であるが“日本国”の国土である“尖閣諸島”の
領海を 連日連夜に亘り 執拗に侵犯し“威嚇/恫喝/いやがらせ”を
繰り返している。

先週末に 公表された事実であるが“共産党一党独裁国 支那”が突然
日本国の国土である“尖閣諸島”を包含する“空域”に“防空識別圏”を設定している。

更に 更に この“独裁国 支那”が 強引に/一方的に 設定した“防空識別圏”を
飛行する 全ての“航空機”は“支那 様”に 事前に報告せよ ...言々
と放言している。

若し 事前の報告が無い 全ての“航空機”(民間航空機を包含)に対しては
“武力行使”も辞さない方針であると 豪語し“ほざいている”のである。

言うまでも無く 当該“防空識別圏”の設定とは 即ち 尖閣諸島は
“共産党一党独裁国 支那”の国土であると 宣言/主張することと等価である。

当該 暴虐無尽なる“共産党一党独裁国 支那”に依る 一方的 暴言は
有無を言わさず“軍事力”に依り“尖閣諸島”を“侵略/略奪”することを
“宣言”したことと“等価”でもある。

前記 縷々 近隣反日国“支那”に依る 何らの“躊躇/自制心”も無く“軍事力”を
背景とする 日本国への“威嚇/恫喝/恐喝”の実行に対して
左翼“ひだりまきども”は 如何なる 具体的な対応/対策を 考えているのか ??

まさか まさか“共産党一党独裁国 支那”に対して 形振り構わず 恥も外聞も無く
平身低頭“土下座”をしつつ 下記 の如き“迷言”を“ほざく”のでは ??

「“支那”様 どうか お許し下さい」 「わたしども が 間違いを犯しました」
「お手やわらかに お願いします」
「今後は“支那”様 の 言われる通りに 従います」 ...言々

今 ふと 思い出しました。
そうです 過去に於ける 左翼“ミンスちょうせん党”政権 時代の
“悪夢”を想起しました。

記憶が 定かでは有りませんが 確か“カンカラカン政権”時代に於いて
“共産党一党独裁国 支那”の 漁船に偽装した“工作船”が 尖閣諸島 海域内にて
海上保安庁の巡視船に 意図的に衝突させた 事件ですが ...

海上保安官が“命”を賭けて 明確な違法行為を 実行した“工作船”船長を逮捕したが
“ひだりまきミンスちょうせん党”政権は“共産党一党独裁国 支那”に依る
“威嚇/恫喝/恐喝”に“うろたえて”成す術も無く 当該 不法行為を実行した
“工作船”船長を 無条件に 卒刻“支那”様々に“お返ししている。”

しかも その時点に於いて その“自虐的 醜態”を更に増幅させる形で
わざわざ“工作船”船長の為に 専用の飛行機を“チャーター”する形にて
当該 違法行為を実行した“違法 船長”を鄭重に“お帰り”願っています。

罹る 事象/事実を“悪夢”と言わずして 何ぞや ?

前記 諸々の事実を思考した場合 日本国の“国土防衛”は 誠に残念であり
かつ 偲び難きことでは在るが“同盟国/友好国”との緊密な連携 即ち
“集団的自衛権”に依存せざるを得ないことは“自明”である。

此処で 若し 前記“ひだりまきども”が主張する所の“護憲の死守”並びに
“集団的自衛権”の忌避が 日本国議会に於いて 多数意見として成立した暁には
“日本国家”の末路は 悲惨を極める/惨憺たる現実に 直面する仕儀に至るは
“明々白々”である。

その直面する仕儀とは 具体的に換言しますと 今や 全世界が認知しつつ在り
かつ 現在進行形の事象でもある“チべット民族 & ウイグル民族”が直面している
完全に“自由”を剥奪され“支那 軍隊”に依り“植民地化”された
悲惨を極める 状況/現状を 厳然たる“事実/現実”として直視することが肝要である。

即ち 左程 遠く無い過去に於いて 何ら恥じ入ること無く“共産党一党独裁国 支那”は“是は内政問題”であると豪語し“傲岸不遜”にも“チべット民族 & ウイグル民族”に対して“軍事力”を行使し“残虐/卑劣”極まる“侵略/民族浄化”を敢行し
実質的には 植民地 支配であり乍ら“自治区”なる“美名”の下に“全世界”を
“だまし/たぶらかし”平然として“植民地支配”している。

念のため 敢えて付言しますと
若し 前記“ひだりまきども”が主張する“だまし/たぶらかし”の常套手段に
篭絡された場合の“日本国民/有権者”の末路は 言うまでも無く
“チべット民族 & ウイグル民族”と 同一の 運命を辿ることに成ること
必定である。

此処で 下記 添付の ユーチューブ 動画 情報を参照 願います。
[注]下記 添付 動画 情報は 全て 日本の偏向“マスゴミ T.V”等々では
   100% 拝見 不可能な 動画情報です。

左翼“ミンスちょうせん党”政権時代に於ける 売国奴“オカザキ.トミコ”の
国会に於ける 動画 情報です。
 http://www.youtube.com/watch?v=cSVbA6KlRY4

下記 動画 情報は“下 ちょうせん”の“不法 密漁船”に依る“やりたい放題”の
暴挙 動画です。
日本の“海上保安庁”は 完全に“なめられ”愚弄されている。是が“平和国家”??
日本国の 現状/現実です。
 http://www.youtube.com/watch?v=y6wfSffbNko

日本国民/有権者よりの“税金 = 視聴料/受信料”で成り立っいる筈の
NHK(日本偏向放送協会)=(“ひだりまきども”の 巣窟)を
糾弾する講演会の 動画 情報です。
 http://www.youtube.com/watch?v=COHQFjcscCY

ウィグル族が“共産党一党独裁国 支那”に依り“略奪/強奪”された“史実”の
一端を示す 動画情報です。
 http://www.youtube.com/watch?v=-OEHLUtYk2U

チべット族が“共産党一党独裁国 支那”に依り“弾圧/虐殺”された“史実”を
暴露した 動画情報です。
 http://www.youtube.com/watch?v=dnzLEsOYRsk

 追記

下記の“キーワード”を使用する形にて“グーグル検索”しますと膨大な 動画情報を
拝見することも 可能です。
[ ウィーグル  核実険  同化政策  ユーチューブ ]
[ チべット  弾圧  ユーチューブ ]

[798] 『外務省の罪を問う』(自由社) Name:桜子 Date:2013/06/06(木) 15:45 [ 返信 ]


『外務省の罪を問う』
価 格:1,470円(税込み)
著 者:杉原誠四郎
発行日:2013年3月2日
判 型:四六判
ページ数:248ページ

これほど外務省を批判した本はない。
やはり外務省が日本をダメにしている。

購入

[799] 『希臘から来たソフィア』(自由社) Name:桜子 Date:2013/06/06(木) 15:48


希臘から来たソフィア
税込定価:1,680円
さかき漣【作】 三橋貴明【原案】
発行日:2013年3月2日
ISBN978-4-915237-74-4 C0095
ページ数:292
購入

[800] RE:『外務省の罪を問う』(自由社) Name:大共和派−緑の保守派の尊野ジョーイ Date:2013/07/06(土) 14:49
>桜子様
 
 お久しぶりです。

 いきなりですが、つくる会関係者のブログのコメント欄に、個人名が特定される書き込みをしましたよね?

 あれは完全にネット上ではルール違反になる行為であり、個人名を書かれた本人は大迷惑です。

 早急に投稿を削除してください。

 そして、二度と同じことは繰り返さないでくださいね、ここに強く抗議しておきます!

[801] 御礼 Name:桜子 Date:2013/07/06(土) 16:13
尊野ジョーイ さま

ご無沙汰しております。
ご指摘ありがとうございます。
さっき訂正いたしました。


> そして、二度と同じことは繰り返さないでくださいね、ここに強く抗議しておきます!
----------------------------------------
保護者でいらっしゃるのですか?

[802] 「強く抗議」は行き過ぎですね Name:桜子 Date:2013/07/06(土) 16:18
尊野ジョーイさま

特別に隠していらっしゃるようではないと思いますが。

http://celebokusama.blog17.fc2.com/blog-entry-1018.html

[803] 申し訳ありません Name:大共和派−緑の保守派の尊野ジョーイ Date:2013/07/06(土) 17:59
>桜子様

 ごめんなさい、気が動転していて表現が不適切でした。

 ただ、本人も「ちょっと当惑気味」と言っているのですから、あまりおおっぴらにするのはどうかと思いますよ。

[797] "慰安婦問題”に関する日本国としての対抗策 Name:BLACK HOLE Date:2013/05/31(金) 17:13 [ 返信 ]
  [拡散 希望]

“慰安婦門題”に関する 日本国としての対抗策

そもそも論として 当該 門題の“本質論/根源論”とは 何ぞや?

その思考の果てに 湧出するものは 近現代史に於ける“より事実なるもの”
“より真実なるもの”を 飽くことなく/ひつこく 只管 追求し その得られた
“情報”を臆すること無く/躊躇せず“全世界”に“拡散”せしめて“汚名挽回”を
画する手法が 唯一 日本国の成し得る 具体的な実現性の在る“手段”であると
思われます。

此処では 日本人の“美徳”とされる“思いやり/謙譲の精神”を 一時的に
“かなぐり捨てて”形振り構わず 只管 実行するこが肝要である。

是は 少なくとも 恬として恥じ入ること無く 形振り構わず“虚言/妄言”を弄する
形態にて“日本叩き”を未来永劫に 続行するで在ろう“近隣反日国”に
対抗する 唯一の 強力な手段でもある。

但し 日本国民/有権者は“事実は事実として”確認された事象に対しては
容認する 度量が求められることも自明である。

此処で NET 徘徊中に 前記 記載しました“近隣反日国”への 強力な対抗手段を
具現化された 具体的 かつ“有力/強烈”な情報を取得しました。

詳細な人物情報は 今だ 検索中ですが ...[谷山 雄二朗氏]よりの情報です。

世界には まだまだ 隠れた“優秀”な 人材が存在しますね。
添付 ユーチューブ情報を ご覧に成れば お判り戴けるものと思われますが ...
その 情報 収集 能力は“抜群/精緻”であり 度肝を抜かれる程の
脅威的/驚愕的なものであり かつ その ハイ.レベルな“訴求力”は
正に“白眉”である。

“広い世界”の存在を実感する次第である。

尚 本 情報の内容は 今更 言うまでも無く 日本国内の“左翼マスゴミ”即ち
(T.V & 新聞 等々)”にとり“日本国民/有権者”には 断じて知らせたく無い
不都合な真なる 情報であるが故に 報道されることは有り得ません。
貴重な/強烈な/破壊的な 情報です。

又 日本国内に 少なからず存在する“獅子身中の虫”即ち“ひだりまきども”が
最っとも 忌み嫌う“事実を事実として”直視した“ごまかしの無い”具体的
 かつ 赤裸々な単刀直入の 有力 情報です。

但し 残念乍ら 日本国民/有権者の大多数は この極めて有効/強烈な
当該 情報を知りません。

換言しますと 日本国内に存在する“獅子身中の虫”即ち“マスゴミ”に依る
巧妙/巧緻を極める“隠蔽工作”に依り 知り得る 術が有りません。

それが故に 日本国民/有権者の大多数は“ちょうせん”サイド 又は
“ひだりまきども”サイド よりの“慰安婦門題”に関する“虚言/妄言”
謂われ無き“誹謗”に対抗する手段を持ち得ず 只管 無言にて頭を垂れるのみである。

特に 近時の憂うべき事象であるが“ひだりまきども/マスゴミ”が
“鬼の首”を取ったかの如く その 勢いを増していることに有ります。

此処で 本 サイト に参集されて居られます 英邁なる“諸兄 各位”に
お願い致します。

それは 添付 ユーチューブ 情報を 可能な限りの手段を駆使する形にて
より多数の日本国民/有権者 各位 宛に[拡散]を お願い致します。

所で 若し 来る“参議員選挙”に於いて 再び“左翼ちょうせんミンス党”が
息を吹き返し“勝利”する仕儀に至りせば 日本国は 最低限としての“プライド/誇り”を喪失し “マスゴミ/ひだりまきども”のみに都合の良い 左翼偏向の“言論弾圧社会”が到来し 惨澹たる“三流国”に凋落することは必定である。

尚 近隣反日国は 何故に 戦後60数年間が 経過した後の 現時点に於いても
己に取って 不都合な事象が発生する度に 判で押した様に
狂気の如く/呼吸するが如く“慰安婦門題”を“ひつこく”/“わめきちらす”のか?

その答えは 単純明快です。

近隣反日国に取っては 見果てぬ夢である 日本国の“凋落”を 招来せしめることが
即ち 近隣反日国の 究極の“目標/目的”であり かつ 己の“国策/国益”でも
在ることに起因して居ります。

故に 近隣反日国は“慰安婦問題”=“日本たたき”を 未来永劫 絶えることなく
実行し続けることは必定である。

更に 絶好の“反日運動”素材としての“慰安婦門題”を“錦の御旗”に掲げて
こと在るごとに 是を“外交カード”として駆使し続けることも明白である。

その近隣反日国が 具体的“方法/方策”として 日本国を“汚辱/恥辱”の
標的に晒し続け“拉致国家/性奴隷国家”なる“侮蔑/軽蔑”の対象としての
日本国を“全世界”特に アジアの現状/現実に“疎い”超大国“米国”を
主たる“ターゲット”として 膨大な予算を浪費して
“反日プロパガンダ”並びに“対 米国 議会工作=ロビー活動”に
邁進していることは 厳然たる事実であり かつ 現在進行形でも有る。

所で 敢えて 普通の“まともな”日本国民/有権者に お伺い致します。

現世代の日本人が 現状のままに放置し“我 感知せず”なる 姿勢を
続行し続けた 場合ですが ...

将来に亘り 連綿として生存するで在ろう日本人 即ち“子の世代/孫の世代 ...”に
対して“申し訳ない ...”なる感懐を 抱かないのであろうか?

罹る 謂われなき“屈辱/汚名”を 現世代に 存在する“日本人”は
容認するのであろうか?

此処で 断言 致します。 来る 参議員選挙の 結果 如何? に依り
日本国の命運が 確定します。

繰り返します 日本国民/有権者の 投票行動 如何に依り 日本国の
将来/未来が 確定します。
正に 日本国民/有権者の“鼎の軽重”が 問われて居ります。

下記 URL 情報を“クリック”して ご覧願います。(ユーチューブ 動画情報です)
尚 音声情報は 全て“世界語=英語”です。
但し 翻訳した?日本語“が 画面 下部に表示されて居ります。

  http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=ijYLNvUPU_A
  http://www.youtube.com/watch?v=Tg08W4mbHHc&feature=player_detailpage

  追記
上記 ユーチューブ情報は“ひだりまきども/マスゴミ”に取っては
正に 眼の上の“たんこぶ”であり 極めて“眼ざわり”な情報であることは明白です。

依って“ひだりまきども”の得意技である 悪辣/卑劣な“隠蔽工作/破壊工作”を
弄する形態にて 当該 情報を“破壊”し“視聴”することが“不能”に
至らしめる可能性が 予測されます。

是は 当方の一方的な お願いですが ...どなたか NET 上の“テクニック”を
駆使する方法にて 当該 情報を“保存/確保”する方策を ご教示願へますれば
幸甚に存知ます。

[794] プロパガンダ/“たわごと”としての 所謂 従軍慰安婦門題 Name:BLACK HOLE Date:2013/04/06(土) 17:02 [ 返信 ]
 プロパガンダ/“たわごと”としての 所謂 従軍慰安婦門題

  [拡散 希望]

正に“すじがね入り”の近隣反日国であり かつ その数多の所業は
その“ひつこさ”に於いて 正に 常軌を逸脱し 狂気の沙汰であることは
圧倒的 大多数の普通の“まともな”日本人であれば 衆目の定まる所であるが ...

多分 この“ひつこさ”は 戦後六十数年を経た 現在に於いても 有力な
“対日外交カード”として 未来永劫/永遠に続行されることは ほぼ 確実である。

直言しますと 是は日本国に対する 近隣反日国に依る 絶えること無き
一貫して 継続実行されつつ在る“情報戦争”である。

罹る 情報戦争としての現状は ほぼ 日本国は 残念乍ら 完敗状態に
“もだえ”/“喘いでいる”のが 現実である。

当該 完敗情況を招来せしめた 原因/理由は 下記にありと思考されます。

1) 近隣反日国 側は 終始一貫“独裁国/独裁国もどき”の態様にて
“反日”と言う名の“国是”を 錦の御旗として“ぶれること無く”
“国ぐるみ”の 一枚岩で戦いを挑んで来ている。
更に 自国民の幼少時代より 高学年世代に至るまで“えげつない”
国定教科書に依る“反日教育”を強引に“たたきこむ”愚行を
只管 実行している現実もある。
2) 対する 日本国内には“自虐史観”なる“巨大看板/プラカード”を掲げて
何故か 重箱の隅を“つつく”が如くの形態にて“隙 在らば”日本国の
“足元”を引っぱり/引き倒す存在 即ち 今 尚 日本国内には
“獅子身中の虫”が存在する。

例えば“ひだりまき政治屋”並びに 自称“ひだりまき知識人
即ち”似非“評論家”/“似非 学者/大学教授”等々 数多 存在し
百花繚乱 枚挙に暇なしである。

より具体的に ご披露しますと 数多の“ひだりまきども集団”即ち
“ちょうにち新聞”/NHK(日本偏向放送協会)等々を 筆頭とする
所謂“反日マスゴミ権力”団体の存在である。

更に 更に 戦後60数年間に亘り 延々として 是 又“ひつこく”反日教育を
密かに/隠微に/目立たぬ様に 続行している“にっきょうそ”なる団体
の存在がある。

何れにせよ 世界に冠たる??“ちょうせん”に依る 反日“プロパガンダ”は
今や 全世界に“ばらまかれ”ていることが 現状/現実である。
[注]特に 在米“ちょうせん人”が その喧伝効果/効率の UP を意図して
東アジアの情況/情勢に無知な米国人=“単純無垢”な米国人に対して
当該“プロパガンダ”の“ばらまき”を実行しつつ在ることが顕著に覗える。
又 罹る 反日“プロパガンダ”を信用している米国人が 少なからず
存在する現実/事実もある。

その究極の目的は お得意の 虚言癖を弄して 世界を“騙し/たぶらかし”つつ
かつ 日本国に対抗し 手段を選ばず あらゆる方策“侮辱/凌辱”の限りを尽くし
最終的には日本国を 凋落せしめることに 主眼が 在ること自明である。

敢えて 付言しますと 前記の「ちょうせん人」なる言葉を「支那人」と置き換える
ことも 当然 可能である。

所で 前置きが長く成りましたが ... 門題の主眼/本質に入りますが ...
先ず 下記 添付の URL を クリック 願います。
[注]勿論 ユーチューブ 動画情報ですが この種の情報は 例に依って例の如く
 日本国の“ひいだりまきマスゴミ”より報道されることは 皆無である。
 
因みに NHK(日本偏向放送協会)は著作権なるものを“ほざきつつ”
罹る ユーチューブ情報は 己の“思想”に反する故に 消去/末消している。

但し 下記 添付の URL は ネット世界の“まともな日本人”に依り
再度 作成されたものと思われます。
下記 添付 ユーチューブ情報の内容は 過日 衆議院委員会に於いて
当該 門題に関する 日本維新の会“中山 成彬”議員に依り実行された
国会質疑に纏わる 動画情報です。

この種の問題に関する“まともな”国会質疑を 今だ嘗って 拝見した記憶が在りません。
ある意味に於いては 時代を画した 公開での質疑であると思考する次第である。
 http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=FGjFbWRv85g&NR=1

更に 下記の URL は 上記のユーチューブ情報に対して 動画の画面上に
英文/翻訳文を付加したものです。

この“ユーチューブ”なるもは 全世界中に存在する 膨大な数の“パソコン”等々
により 視聴することが可能であり ほぼ 万国共通語と成りつつ在る 英語を
情報伝達手段として流用することは 有力な手法であると思われます。
 http://www.youtube.com/watch?v=ausRSDUxKr4

前記 縷々 日本国にとり 我が身に降りかかる 避け難き深刻な問題の一つとして
提起させて戴きましたが ...
現状の日本国は 地政学的に 多数の近隣反日国に“とりかこまれた”現実に在ります。

当該 反日国の群れに対して 現状の日本国は 残念乍ら 同時並行の形にて
全ての反日国に 対抗することは不可能である。
[注]具体的には 軍事的/外交的 ...等々 の同時並行の形での 対抗能力は
 ほぼ 現状のままの日本国に於いては 絶望的である。

換言しますと 夫々の反日国に対して 意図的に/戦略的に“濃淡”を付ける形にて
年月差/時間差 攻撃を考慮しつつ 対抗する以外に方策 無しと思考する次第である。

馬鹿正直な“まともな”普通の日本人にとっては 抵抗感の有る 不向きな思考精神では
在りますが 近隣反日国に対して 負けず劣らぬ 形振り構わず
“ねばり強い/ひつこさ”を発露し 時には“ダブル.スタンダード”も厭わず
時には“汚い手段/方策”も厭わず 息長く 反日国に対抗する以外に
対応策は無しである。

過去に於ける 近隣反日国に対する 日本国の対応策としては 常に 平身低頭
“ご無理 ごもっとも”/“相手国を刺激するな”/
“相手国のセンシティブな門題は先送りしろ”...言々 等々
あらゆる場面で 常套句の如く鸚鵡返しの如く 馬鹿の一つ覚えの 行動パターンを
続行して来たのは 何処の国家で在ったでろうか?
誰 在ろう その国家の名は“日本国”である。

先ずは より深刻の度合いが MAX.である“共産党一党独裁国 支那”に依る
尖閣諸島に対する 領空/領海 侵犯事犯に 的確に対抗することが 最優先課題である。

最後に 冷静に 戦後60数年以前よりの 過去を振り返りますと“まともな日本人”にとり 精神衛生上 最悪の事象が 留まること無く派生し 混迷/混沌 極まる情況に
至りし根源的/本質的な 理由/原因は 何ぞや?

単刀直入に付言しますと 究極的には“憲法問題”に辿りつくものと思われます。

日本国は戦後 半世紀以上に亘り 不毛の“平和が第一”なる美名の下に“護憲”論が
跳梁跋跨し“改憲 断固反対”論が当然至極の如くに“はびこり”過ぎた時代が
余りにも長期間に亘り 続いている。

そこで かくの如く汚泥に塗れた 救い難き程の状況に凋落した“日本国”を
救出する唯一の手段が有ります。

それは“まともな普通の日本人”が その気に成れば 実行可能な方法です。

日本国民/有権者/納税者 各位が 唯一 具体的に実行可能であり
かつ 日本国を蘇生させ得る 具体的な有力/唯一の方策の具体策を
提示/提言させて戴きます。

数ヶ月後に 来る“参議院選挙”に於いての“選挙”の争点としまして
“護憲派”か? 又は“改憲派”か? を政党 並びに立候補者に対して
厳しく詰問し その回答の如何に依り 投票権を行使します。

勿論 云わずと知れた“改憲派 政党”&“改憲派 立候補者”に一票を
投ずるのみの行動にて 完了します。

更に 是は 日本国民/有権者 各位に対する 根源的な問いかけでありますが ...

現存する 我々 日本国民は 当該“反日プロパガンダ”に依り“恥辱/汚辱”の
限りを尽くされた情況に追い込まれ かつ 今 尚 世界中に喧伝され続けて居ります。
その屈辱感は極限に到達して居ります。

現状に於いては“腰抜け/腑抜け”国家 として容認し 永遠に放置した状態にて
思考停止した場合ですが ...

将来に亘り 子々孫々に亘り 連綿と継続するで在ろう 未来の日本人に対して
現状のまま“引き継ぐ”ことに 何らの躊躇は 無いのであろうか?

このままでは“申しわけ無い”...なる感懐(うしろめたさ)を抱くことは
無いのであろうか?

更に 追記させて戴きます。
前記の 日本維新の会“中山 成彬”議員に依る 国会質疑は 実は全体の
質疑時間が長時間に及んで居ります。

若し その質疑の全貌を 是非 拝見したいとの ご要望が有りますれば
下記の URL を クリック 願います。

尚“ひだりまきども”集団の巣窟である NHK(日本偏向放送協会)は
己自身が放映した 国会T.V中継を 素材とする“ユーチューブ”情報に関しては
著作権なるものを主張し強制的に“消去”を要求し 現時点に於いては
視聴することは不可能ですが ...

所が 世の中は“まんざら”捨てたものでは無く“桜 チャンネル”なる
有料T.V放送局が 無料にて“中山 成彬”議員に依る 国会質疑の全貌を網羅した
動画映像を“ユーチューブ”に依り提供されて居ります。
 http://www.youtube.com/watch?v=RiKR7jPvwAk
 http://www.youtube.com/watch?v=O0qAnuFn2eE

[795] RE:従軍慰安婦門題に関する 追記 Name:BLACK HOLE Date:2013/04/12(金) 08:16
 所謂“慰安婦門題”に関する追記

  [拡散 希望]

日本維新の会“橋本代表”が 共産党系“あかはた記者”よりの質問に反論
下記 URL ユーチューブ情報を参照 願います。

要するに“まともな”普通の日本人としての 極めて素朴な 素直な
“疑問/反論”です。
[注]画像 冒頭の広告画面は 右下の「広告スキップ」を
クリックして下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=E2obkyLUv_U

[796] みんなの党に依る“道徳教育”反対論について Name:BLACK HOLE Date:2013/04/17(水) 15:31
  [拡散 希望]


 みんなの党に依る“道徳教育”反対論について

下記 添付 “ユーチューブ情報”を クリック 願います。

尚 当該 国会質疑は 衆議院予算委員会に於ける 実況中継ですが
罹る 動画情報画面には 質疑者=“ヤマウチ”の背面に
“ひだりまき/ちょうせんミンス党”所属の 元 社民党“ツジモト”が
表出して居りますが ...

多分 事前に質疑の内容書面が 配布され その内容を承知して居り 故に
“しめ しめ”と“ほくそ笑み”つつ 拍手している姿態に 注目 願います。

所で 当該“ヤマウチ”なる輩が“ひだりまきども”大歓迎の道徳教育“反対論”を
何故に“ほざく”のか?

問題の国会質疑“動画情報”を見ますと お判りの如く 今だ“くちばし”の黄色い
“若造”である。

罹る輩の本質は 戦後 半世紀 以上に亘り 続行され 現在も 尚
日本国民/有権者/保護者の 眼を“くらまし/騙し/欺く”形態にての
日本国に於ける“悪の枢軸/諸悪の根源”である“にっきょうそ反日教育”に依り
醸造/製造された ものの見事な“改造/人造人間”の典型的な見本(サンプル)である。

換言しますと“道徳教育”=“戦前教育”=“悪”...言々なるものを無条件に
馬鹿の一つ覚えで信奉する 正に“単純思考/単純馬鹿”を絵に描いた如くの
“改造/人造人間”である。

それにしても“みんなの党”党首である“わたなべ”は“アジェンダ”の一致が
最重要であると 大言壮語し 常々 主張していた筈であるが ...
この道徳教育 反対論は“みんなの党”の“アジェンダ”の 一つなのか?

単刀直入に申しますと“みんなの党”なる存在を 不覚にも
見誤っていた 事実を深く反省する次第である。

当該 政党は 憲法改正については 賛成論を標榜して居り まあ〜 まあ〜
ましな政党では...と 思わせられていたが ...

来る数ヶ月後の 参議院選挙に於ける 投票行動には 現状の日本国としての
極めて重要な政策命題である“教育問題”であり 当該 政党に“反対”を
表明せざるを 得ない次第であるが ...如何?
 http://www.youtube.com/watch?v=3ukDrP7NAPI

“どさくさ紛れ”の追記に成りますが ...

過日の“衆議院選挙”と同様に 来る“参議院選挙”に於いても 同様に
“左翼ちょうせんミンス党”なる存在を“壊滅/消滅/殲滅”せしめることが
我が日本国が 再度の曙光を向かえる為の 必要 最少条件である。

下記のURL を クリック 願います。

当該 動画情報は 過去 2〜3年間に亘る“左翼ちょうせんミンス党”政権
なる存在が 如何に“悪辣卑劣/暴虐無尽”なる 国益を毀損せしめる“愚行/悪行”を
実行し続けた 実態が 如実に提示された 数多の動画情報が 拝見 可能です。

勿論 日本国の“マスゴミ”=“T.V 新聞”等々には 報道され得ぬ 情報です。

要するに“左翼ちょうせんミンス党”なる 政権は 何と 今や
“核弾頭 搭載ミサイル”の標的を 日本国に合わせ“恐喝/恫喝”する
“ならずもの国/北鮮”&“南鮮系”と“ずぶずぶ”の関係に在る“市民団体”等々より
“政治資金”を受領したり 逆に“政治資金”を献上する 等々の“胡散くさい”行動を
遂行していたとの情報である。

過日の 衆議院選挙の結果としての“政権交代”に依り 大量の隠蔽されていた情報が
次々に 流出したものと思われます。
 http://www.youtube.com/watch?v=TVbaKTo5dY0
 http://www.youtube.com/watch?v=KHEAQU7WCBg

[738] ひだりまき集団=ミンスを叩く Name:BLACK HOLE Date:2011/11/18(金) 12:23 [ 返信 ]
参議院予算委員会 西田議員に依る質疑/応答を拝見し 下記の
応援 メール を送達しました。

突然の メール 送達 恐縮に存じます。
去る11月15日に T.V 実況放送されました 参議院予算委員会に於ける
質疑応答を 仔細に拝見 致しました。

特に 貴 議員 様に依る質疑 即ち 醜悪を極める
“ひだりまき集団/左翼集団=ちょうせん集団=ミンス党”なる政党の
“本性/本質”を暴く 貴 議員 様の 迫真を極める 舌峰鋭き/妥協無き
正に 正鵠を射た 追求/質問に関しまして 万感を込めた 敬意を表する次第です。

今や 日本国民/有権者/納税者は 増税の“痛み”避け難き情勢を向かえつつ在る
現在 当該 事犯である“ミンス党=ちょうせん集団”に依る“政党助成金流用事件”
等々なるものは 正に日本国民/有権者/納税者を愚弄する“税金泥棒”即ち
悪辣/醜悪 極まる悪業 以外の何ものでも在りません。

かてて加えて 許し難きは“ひだりまきども集団=ちょうせん集団=ミンス党”の
党首=“ノダ”を筆頭とする“悪徳左翼大臣ども”が まるで 当該 事犯が
無かったかの如く卑劣にも“ほうかむり/だんまり”を決め込み
“隠蔽/騙し/たぶらかし”を実行し 恬として恥じ入ること無き“悪徳/悪行”を
公開の国会質疑にて 何らの“羞恥心”も無く 堂々と実行ていることにある。

以前より 上記の“ひだりまき集団=ちょうせん集団=ミンス党”に依る“悪徳事犯”
なるものは“INTER NET”よりの情報に依り うすうす 承知して居りましたが
貴 議員に依る質疑にて 当該 事実を知るに及び 改めて
“憤怒”を込めた 怒りを覚えたのは 果たして 小生のみでしょうか?

そもそも“ひだりまき集団=ちょうせん集団=ミンス党”なるものは
“日本国民/弱者”を救済する...言々なる“おためごかし”論 即ち 究極の
“ポピュリズム政策=税金ばらまき政策”を実行しつつ 格差の無い社会
“平等社会”を目指す 清潔な政党 ...言々なる“ごたく(御託)”を羅列し
錦の御旗として政権与党と成っていた筈であるが ...

換言しますと“ミンス党”なる輩どもは 正に“日本国民/有権者/納税者を
“騙し/たぶらかし/愚弄”し 政権を強奪した悪辣極まる
“左翼集団/ちょうせん集団”である。

正に 罹る 事実が“ひだりまきども集団=ちょうせん集団=ミンス党”なるものの
抜き難き/覆い難き DNA=体質であり 今回の参議院予算委員会にて その本質の
一部分である“衣の下の鎧”が露呈した典型的な姿態でもある。

若し 罹る事実を 大多数の日本国民/有権者/納税者が認識したなら
必ずや現状の“左翼集団=ちょうせん集団=ミンス党”なる政権与党は
瓦解の過程を経て終焉を迎えること必定で有りますが 残念ながら 罹る
T.V 実況中継は 昼間の時間帯であるが故に 大多数の
日本国民/有権者/納税者は 見ることが出来ません。

更に 日本国に於ける大多数の“マスメディア=T.V/新聞”なるものは
NET 世界に於いては“マスゴミ”と呼称される如く 所謂“ひだりまきども”が
跳梁跋跨する形態にて“偏向報道”が氾濫/支配しているのが 現状/現実です。

因みに ご他聞に漏れず 今回の 参議院予算委員会 に於ける 前記の
“左翼集団=/ちょうせん集団=ミンス党”に関する 数多の“日本国の国益”を
毀損せしめる“売国行為”情報は“マスゴミ”=“T.V & 新聞”には
全っく報道されて居りません。

僅かに“NET” 世界に漏出しましたものを ご紹介させて戴きます。
下記 添付 URL を ご参照 願います。
但し“ひだりまきども”の画策/謀略に依り 罹る情報が“消去”される
可能性が有ります故 保存 等々の対応を願いますれば 幸甚に存知ます。

 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4451.html

貴 議員さんの 今後ともの ご活躍を祈念 致します。

[739] RE:“ひだりまきども”が嫌う情報です Name:BLACK HOLE Date:2011/11/22(火) 18:11
 “ひだりまき集団=ミンス の実体を暴く

過日 小生 投稿済みの
“左翼集団=ミンスを叩く” ... なる文面にて 縷々  記述させて 戴きましたが
多分 是を ご覧に成られた 常連さん各位に 於かれましては 抽象論であり
いまひとつ “ぴんとこない”/リアリティーを 感じない ... なる感懐を抱かれたのでは?
即ち “ひだりまき集団=ミンス” の “本性/本質/実体/事実” が真に迫る形態にて
実感 出来ないのでは ? ... なる懸念がありました。

そこで 上記の文面/文章より 格段に ことの本質/事実に迫る強烈な “訴求力” を
有する “動画情報” を “だめおし” の形にて 再度 ご提供 致します。

そうです かの “共産党一党独裁国/支那” に依る 漁船/工作船 衝突事件にて
日本国民/有権者に対して 遍く(あまねく)衆知されました [ Youtube ] を
流用させて戴く形にて 再提示させて戴きます。

当該 動画情報=[ Youtube ]なる情報は 文面/文章を読む形態と 比較した場合
視聴する為の 所要時間が 比較的 大 と成りますが ...
[ 注 ] 幾許かの忍耐力が必要です。

但し この動画情報=[ Youtube ]なるものは 人間の直感力に直接的に共鳴し
その“訴求力”は抜群であり かつ 普遍的な発信力が在ります。

若し 本 板 参集者 各位に 時間的な余裕が有りますれば 是非
下記 添付の URL を クリック 願います。
“ひだりまきども集団=ミンス” なる政党の 本質/実体/事実が 赤裸々に暴かれて居ります。

尚 この動画情報=[ Youtube ] に関する 概要 & 留意点 等々を 以下に列記しますと

1) かの “ひだりまきども集団”(特に マスゴミ T.V 報道)が異口同音に 礼賛する??
 ミンス党 “仕切り屋大臣=レンホウ”に 纏わる情報です。

 “我こそは正義なり ... ” なる 根拠が極めて薄弱な論調を 居丈高に “ほざき”
 ど派手な パフォーマンス=選挙対策 を 現時点に於いても 続演しているが
 何と この[ Youtube ]情報を拝見しますと “正義”なるものと 真逆な行動が
 暴露されて居ります。
 その キーワード は “覚せい剤 所持逮捕者/親密なる親交”

2) かの 悪名を馳せる 有名な “マルチ商法” の広告塔を 堂々と演じ
礼賛/擁護し かつ 己の選挙資金の為の “かねずる”に利用している
ミンス党 悪徳マルチ大臣=山岡 (偽名) が暴露されて居ります。
何と 驚くことに この大臣は 消費者保護を推進する為の消費者担当大臣でもある。
3) これらの情報は “ひだりまきども” にとり 誠に都合の悪い情報です。
   即ち 数多の日本国民/有権者に 認識されては困る 情報です。
依って “ひだりまきども集団”は あらゆる手段を労して この情報を “消去” する
ことに邁進する筈であり 突然 当該 情報は 消え去る可能性も有ります。
[ 注 ] 当該 情報を 保存/確保の必要 あり

特に T.V 業界に君臨し かつ T.V 視聴料金=税金 を食らい乍ら 編集権なるものを
振りかざし 己にとって 都合の悪い情報は 日本国民/有権者の眼から隠蔽/遮断する
得意技を駆使する 典型的な “ひだりまきども集団” の存在が在ります。
そうです その名は “日本偏向放送協会=NHK”=税金泥棒集団 です。

そもそも論であるが 前記の“大臣ども”を任命した 徴本人は“どじょう”と自称する
典型的な“似非保守もどき”の 現職内閣総理大臣であるが ...

衆参両国会の予算委員会に於ける 野党サイドよりの 追及質問として
総理大臣として/任命責任者としての“責任感”は無いのか? を問われると
その答弁は 常に“適材適所で任命している”との“一語のみ”である。

過去を振り返りますと 数年前の衆議院選挙に於いて 正に まるで
“熱に浮かされた”如くの投票行動を実行し 例え 間接的とは云え
この救い難き程の“ぶざまな”ミンス党内閣総理大臣を“選択”せしめたのは
他ならぬ日本国民/有権者/納税者である。

しかし“諦めては成りません” この惨憺たる悲惨を極める日本国の現状を
再度 浮上せしめる責任は これまた 他ならぬ日本国民/有権者/納税者に
有ることは自明である。

今後 数多に存在する“ひだりまきども”の 眼の上の“たんこぶ”と成る
[ Youtube ]情報 即ち “マスゴミ=T.V 新聞” が 100% 報道することの無い情報を
随時 ご紹介する所存です。

  http://www.youtube.com/watch?v=Xlqh15w_w68

 http://www.youtube.com/watch?v=x55S57CyJpU

[740] RE:ひだりまきミンスの実態を露呈した 具体的 情報です Name:BLACK HOLE Date:2011/11/25(金) 17:19
 ひだりまきミンスの実態を露呈した 具体的 情報です

先ず 下記 添付しました URL 情報を ご覧下さい。

何と 現職 内閣総理大臣が“日の丸”成らぬ 近隣反日国の“国旗”
即ち“竹島”を不法占拠し かつ 国際司法裁判所への“公平/まともな”
提訴にも拒否している 正に“箸にも棒にも掛からぬ反日国”の“国旗”を背にして
何やら“あやしげな”御礼/挨拶 等々の“御託”を“ほざいて”いる様であるが ...

この事実は 我が眼を疑い 異常/異様と云える程の しろものであるが
果たして 本当に 当該 人物は日本国の 国会議員なのでしょうか ??
日本国民/有権者/納税者は 罹る人物を 日本国の最高権力者として
容認するのでしょうか ??

今や 日本国民/有権者/納税者は 鼎の軽重を問われているのである。

そもそも 与党/内閣なるものは もとより国会議員なるものは 自国の国益を
常時 追及し かつ 日本国民/有権者/納税者の 生命/財産を死守することが
最優先の責務である筈である !!

それ故に 日本国民/有権者/納税者は 年間 総額 一億数千万円/人 の
“血税”を みついでいるのである。

上記の 醜悪極まる 所業は“税金泥棒/血税泥棒”と云わずして 何ぞや??

罹る事実が 存在するにも関せず 前回の“衆議院選挙”時点に於いては
まるで“熱病”に冒されたかの如くに 何故に“ひだりまき政権ミンス”を選択したのか?

その最大の理由は 一重に 所謂“マスゴミ”どもに依る
偏向報道/情報隠蔽/情報操作であり 二重には“左翼ミンス”の
得意技である究極の“ポピュリズム政策”=“げんなま ばらまき政策”
所謂“ばらまき3K”政策に ものの見事に“はまり”巧緻な
騙しのテクニックに“たぶらかされた”ことに有ります。

 http://www.youtube.com/watch?v=3k79ozsd_-8
 http://www.youtube.com/watch?v=10T4W1AenJY

ついでに“左翼ミンス”の“実態”を明示する情報を ご披露 致します。

下記 記載しました 国会議員名簿は 全て“左翼ミンス”党 所属議員ですが
当該 名簿議員には共通点が有ります。
その 答えは“日の丸/君が代”が“お気に召さない??”“左翼国会議員集団”です。

罹る事実は 圧倒的 多数の“まともな日本国民/有権者/納税者”には
正に 信じ難き事象ですが ... 所謂“左翼マスゴミ”に依り 意図的に
隠蔽/遮断された情報であり 是は 紛れも無き 厳然たる事実である。

国旗・国歌法案に反対した民主党議員(民主党ホームページから抜粋)
反対(46人)
赤松広隆、伊藤忠治、家西悟、池田元久、池端清一、石毛?子、石橋大吉、岩國哲人、岩田順介、上原康助、生万幸夫、枝野幸男、小沢鋭仁、大畠章宏、海江田万里、金田誠一、河村たかし、菅直人、北村哲男、桑原豊、小平忠正、小林守、五島正規、近藤昭一、佐々木秀典、佐藤謙一郎、坂上富男、末松義規、辻一彦、土肥隆一、中桐伸五、中沢健次、葉山峻、鉢呂吉雄、原口一博、日野市朗、肥田美代子、福岡宗也、細川律夫、前原誠司、松本惟子、松本龍、山元勉、山本譲司、山本孝史、横路孝弘

因みに 国旗.国歌法案とは 下記に列挙する如く 極めて 単純明快な法律です。
1) 国旗は“日の丸”とする。
2) 国歌は“君が代”とする。

そうです。 その目的は 一義的には 知る人ぞ知る“日本教職員組合”対策です。
尚 “左翼ミンス”なる政党は この“日本教職員組合”なる集団を
選挙時点に於ける 有力な“スポンサー”として居り かつ“圧力団体”でも在る。
[ 注 ]過日 北海道教職員組合に依り 選挙応援を受けた“ひだりまきミンス議員“が
     公職選挙法違反にて 結果的には“落選”している。

因みに“左翼ミンス党”内には 元“日本教職員組合”出身の国会議員が
少なからず存在し 又“左翼ミンス党”の現職幹事長=コシイシ は
“日本教職員組合”の 元“おやだま/親分”である。

[741] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第二弾 Name:BLACK HOLE Date:2011/11/30(水) 17:13
 “ちょうせん集団=左翼ミンス”の実態を暴く 第二弾

先ず 下記 添付 [ Youtube ]情報を ご覧下さい。

去る 平成23年9月26日 衆議院予算委員会に於ける 河井議員に依る
現職 法務大臣である“ヒラオカ”に対する 質疑応答です。

下記 情報は ご他聞に漏れず 例に依って例の如く 所謂“マスゴミ”には
100% 報道され得無い情報です。

故に 大多数の日本国民/有権者/納税者は 明白に“知る権利”を侵害されて居ります。
罹る 事実は 例の“共産党一党独裁国 支那”に依る 尖閣諸島の“漁船/工作船”
衝突事件と“うりふたつ”である。

例え 幾許かであれど 日本国民/有権者として“認識/関心”を享有されて
居られるで有ろう 例の“ならずもの国家/北鮮”に深く連係/連関する 情報です。

何と“ひだりまきミンス”の現職 法務大臣が 朝鮮大学校 創立50周年記念式典に
何らの“躊躇/てらい”も無く 同 式典に 堂々と出席し“祝辞”を
“ほざいている”との 不埒 極まる所業を実行している事実が在る。

こやつが 日本国の“法務大臣”に就任しているとは ??
こやつは 正に“ならずもの国家/北鮮”の工作員では無いのか ??

現時点に於いても 尚 数百人が 拉致されて居られると云われる
“ならずもの国家/北鮮”に依る“拉致 被害者/関係者”各位の“心情/心理”に
思い至るに 察っして余り有るものが在る。

“まともな/極く普通の日本人”として 罹る 異常/異様を極める“行動/所業”を
平然として 何ら 恥じ入ること無く 実行している“左翼ミンス法務大臣=ヒラオカ”
なる 輩の“所業”を容認するのか ?? 断じて 否である !!

勿論 当該 門題の“ことの本質”は 現 与党政権=“左翼ミンス”の
“拭い難き体質=遺伝子”の成せる得意技であるが 罹る 輩の存在は
日本国民/有権者の 今後の“投票行動”如何に依ってのみ その消失/解消の
如何が確定することに成るが ...

http://www.youtube.com/watch?v=dnEHlfsjvZo&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=LgN9XSiFYKQ&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=glwNDA2akO4&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=nqRTyXswa1Y&feature=related

[747] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第三弾 Name:BLACK HOLE Date:2011/12/09(金) 17:38
本日 参議院本会議に於いて 今や 例の“不適材/不適所”にて“醜名”を馳せた
“マルチ大臣=ヤマオカ”&“ど素人防衛大臣=イチカワ”が問責可決された様であるが
罹る 事象は 必然/当然のことであり かつ“赤飯”を炊き“慶賀/慶祝”すべき
事変でもある。

  “左翼ミンス”の実態 (具体的 情報)第三弾
    [ 拡散 希望 ]

“ひだりまきミンス政権=“左翼ミンス法務大臣=ヒラオカ”の実像

例の 今や“知る人ぞ知る” “左翼ミンス法務大臣=ヒラオカ”なる輩は
“ならずもの国家/北鮮”との ご関係が 正に“ずぶずぶ”の関係
即ち 数多の日本国民を拉致した“拉致 実行国=北鮮”の“工作員もどき”である
事実が判明したが ...

何と 単に“北鮮 工作員もどき”に留まらず“近隣反日国/南鮮 工作員もどき”
でも在ることが判明した。

但し ことの本質を辿れば そもそも その国籍を問うこと無く“外国人”を無条件に
“党人/党友”として“大歓迎する”… 言々なる “あやしげな”政党規約なるものを
公示/公言する“左翼ミンス”=“ちょうせん集団党”であれば
当該 “政党もどき=ミンス”に 内臓された“国会議員もどき集団=ミンス”の中には
必然的に 前記の“工作員もどき”が輩出する 仕儀に至るのは 自明である。

下記 添付 [ Youtube ]情報を ご覧下さい。

過日の 衆議院法務委員会に於ける 稲田議員に依る
例の“近隣反日国/南鮮”に依る“竹島不法占拠”に纏わる 質疑応答ですが

門題の“左翼ミンス/ちょうせん集団党”=“近隣反日国/南鮮 工作員もどき”で在る
“左翼ミンス法務大臣/ヒラオカ”の答弁に ご注目 願います。

果たして 是は 本当に“日本国法務大臣”の答弁なので有ろうか ??
我が眼を 疑う程の“しろもの”である。

否 是は 紛れも無き“反日国/南鮮 工作員もどき=ヒラオカ”なる輩の
“詭弁/ごまかし”以外の 何ものでも無いと 断定する次第であり
これぞ“左翼ミンス/ちょうせん集団党”の面目躍如である。

所で“くどい/ひつこい”ようですが 繰り返し 敢えて直言します。

罹る“左翼ミンス/ちょうせん集団党”なるものに対して 過日の衆議院選挙に於いて
圧倒的 多数を付与せしめたのは 他ならぬ 日本国民/有権者である。

 http://www.youtube.com/watch?v=XoL4xX3ftCI&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=dy7UtIBBoHI&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=hQ_po17LgO4&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=AgQ5N-BVXBw&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=LUnNNKLbw9Q&feature=related

序に 例の“北鮮工作員もどき=ヒラオカ”に依る“朝鮮大学校”創立記念式典への
“出席/祝辞”事件に纏わる件に関する 質疑も 稲田議員に依り実行されて居ります。
( 下記 [ Youtube ]情報 参照 )

尚 この“北鮮工作員もどき=ヒラオカ”なる輩は 何と 山口県にて
選出された輩であるが  一方“朝鮮大学校”なるものは 東京に存在する。

即ち 遠路はるばると 遠征する形態にて“あやしげな祝辞”なるものを“ほざいて”
いる事実であるが 罹る 事実を鑑みますと 是は“工作員もどき”なるものを
遥かに凌駕する レベル の存在であり 紛れも無き“工作員=確信犯”そのものである。

 http://www.youtube.com/watch?v=rzVOwm4eIV0&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=I91-2bO7YEk&feature=related


結言としまして 敢えて付言しますと 例え 間接的とは言えども 過日の“衆議院選挙”に於いて日本国民/有権者は 前記の近隣反日国に対して“異常/異様”を極める言動を
恰も 当然/必然であるかの如くに“ほざく”輩を 日本国/国会議員として選出し
かつ 在ろうことか 何と“法務大臣”として 祭り上げているのである。

これぞ 正に 日本国の現状は 紛れも無く 断末魔の“世も末”であると
云わずして 何ぞや ??

果たして次なる“衆議院選挙”に於いて 日本国民/有権者は“学習能力/自浄能力”を
発路するや ? 否や ? ......

[748] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第4弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/01/21(土) 15:22
 ミンス/ノダ内閣に於ける“レンホウ”大臣 失職“首”の真相

下記 添付 過日の参議院予算委員会 西田議員の質疑応答を ご覧願います。

ミンス=ちょうせん党に於いて 例の“仕分けの女王”“目玉 広告塔”を誇示する
“レンホウ”が今回の“ノダ内閣”より 何故か 放逐されているが ...
所謂“マスゴミ=T.V/新聞”等々では 罹る疑問に対する回答/解説は
皆無であり 日本国民/有権者に対しては 情報隠蔽されている。

上記の“疑惑/疑問”に対する“回答/真相”は 下記 添付の“ユーチューブ”
情報にて明白に成ります。

 http://www.youtube.com/watch?v=iYo-90GgyTU

過日 日本国に於ける 所謂“めしの種”としての“科学技術”なるものが
如何なるものかも 何ら 認識せぬ“無知蒙昧”の輩であることを
露呈したが...

例の“高慢ちき”なる“ご面相”を晒しつつ スーパー.コンピューター事業に
対して“2位じゃ駄目なんですか?”なる“たわごと”を“ほざく”パフォーマンス を ご披露し 一時的には“勇名?”を馳せたが ...

下記 添付の“ユーチューブ”情報を拝見しますと 且っての パフォーマンス にて
しばしば散見された 鼻っぱしらの強さ/歯切れの良さは 見る影も無く消沈している。

“ミンス=ちょうせん党”に於ける ド派手な“パフォーマンス”を演じ続けていた
ご本人とは 隔世の感あり。

但し 顧みるに 日本国民/有権者(東京都民)は 当該 本人を 過日の衆議院選挙
に於いて 投票 選択したことも 厳然たる事実でも在るが ...

要するに“我こそは正義なり!!” 然とした ご当人は 実は 覚せい剤事件にて
“逮捕”された“闇社会”の人間と“つるんでいた”とのことであるが ...
[その 細部情報は 下記 添付 ブログ を参照]

 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-category-5.html

[750] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第5弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/01/23(月) 18:08
日教組に依る国旗/国歌 訴訟に関する最高裁 判決

過日 実施されました 大坂市長 & 大坂府知事 同時選挙
時点に於ける 所謂 大坂維新の会に依る 選挙公約での
“国歌/国旗”不起立 門題 等々 教育問題に纏わる条例案に
深甚なる関心を享有し 選挙の結果としては 大坂維新の会が
圧倒的 勝利を獲得したが ...

今回 東京都に於ける 教職員組合側より提訴された 同様 趣旨の
“教育門題”に対する 最高裁の判決が結審したが ...

所が 今回の 最高裁 判決に関しては“へびの生殺し”状態の
曖昧模糊とした判決文と成っている。

戦後60数年間の長期に亘る“戦後教育 門題”の本質は
所謂 日教組 & 教育委員会制度に“諸悪の根源”が在る。

尚 掃いて捨てる程の国会議員 等々 所謂“政治屋”なるものは
数多 存在するが 残念 乍ら 罹る“教育門題”に対して“まともに”
臆すること無く 真正面より“選挙公約”の一事例として 屹立対峙する
“政治家”は存在せず なる状況が 続いていたが ...

今回 上記の 大坂 同時選挙にて 初めて選挙での“ガチンコ勝負”
が実行された。

具体的に 今回の判決文の 一部としての“へびの生殺し”状態を例示しますと
裁判官の補足意見として 下記 文例があります。

>不起立と懲戒処分が 繰り返される事態の解消に向けて 全ての関係者に依る
>具体的な方策と努力が必要だ ... 言々

上記の 裁判官の話なるものは 余りにも教育現場の“現実/現状”を認識せぬ
“絵空事”であり かつ 無意味な“お花畑”論である。

そもそも 当該 門題の ことの本質は明確に“反 国旗/反 国歌”運動を展開し
“確信犯”的に 教育現場の秩序を混乱せしめている状況が 超長期に亘り
“ひつこく”繰り返されていることが 厳然たる事実として存在していることにある。

多分 今後“マスゴミ”/新聞/T.V 等々に於ける反応は
この種の情報を隠蔽する可能性 大 である。
依って 大多数の日本国民/有権者は 当該 教育門題の本質を
知らされず“つんぼ桟敷”に幽閉され あいも変わらず 現状の最悪状況が
永続することが予測される。

実は 今回の 最高裁 判決に対する 日本国民/有権者に依る
唯一の対抗策が在ります。

そうです  それは“最高裁 判事”個々人に対する“罷免権”が
日本国民/有権者に付与されていることに在ります。

具体的に付言しますと 最高裁 裁判官に対する“国民審査”なる
制度が存在します。

当該“国民審査”制度なるものは 多分 数ヶ月後には 実現するで在ろうとも
言われる“総選挙”が実施される時点にて 同時に実施されます。

この“総選挙”時点での“最高裁裁判官 国民審査”投票用紙の
裁判官 個人名 夫々に“ばつじるし”を書く方法です。

但し この選挙用紙には 絶体に“むじるし”又は“まるじるし”は不可です。
この場合は“罷免”では無く“任免”と解釈されます。

尚 この“裁判官”を罷免せしめる為の条件は 投票数の過半数が
“ばつじるし”を付ける必要が有ります。(約3000万票)

但し 残念乍ら 現状の大多数の日本国民/有権者は 多分
“最高裁裁判官 国民審査”投票なるものの認識は 極めて希薄であるものと
思われます。

即ち 受領した 当該 投票用紙は 即“むじるし”状態にて投票箱へ直行である。
因みに 過去に於いて最高裁裁判官が“罷免”された事例は 多分 皆無では ...

以下は 悲観論にて 恐縮ですが ...
次回の“総選挙”時点に於いては 淡き/儚き 悲願では在りますが ...
例え 幾許かで有れども 最高裁裁判官の心胆を寒からしめる程度の 罷免票が
集まることを 八百万(やおよろずの)の神々に 祈願する次第である。

何れにせよ 少なくとも 現状の“ミンス=ちょうせん党”に依る 政権与党が
続行する限り 前記“教育門題”は政治的には 結着せぬことは 残念ながら
明確である。

何故なら 何せ“ミンス=ちょうせん党”の幹事長には かの諸悪の根源である
“日教組”の 元 親玉“コシイシ”が 鎮座している。

更に“ミンス=ちょうせん党”内部には“日教組”に依る 公職選挙法違反を厭わぬ程の“選挙運動/支援”に依り当選している 国会議員 即ち“日教組”丸抱えの
“国会議員”が 少なからず存在している可能性が 大 である。

何せ“ミンス=ちょうせん党”なる存在は 前回の衆議院選挙に於いて
現時点より 返り見ますと不可思議 至極では有りますが 残念ながら現状は
絶体的 多数党に祭り上げられている。

換言しますと 当該“教育門題”なるものは“日教組”サイド としては
曲がり間違えると 己の“存在価値”が全否定され 破滅の域に至るものとして
お得意の“数”の力を駆使してでも 己の“執念/妄念”を死守する為に
“陰湿な陰謀”を 駆使し反抗に転じる可能性 大 である。

要は より多くの日本国民/有権者が 如何に教育現場の“現状/現実”を
認識するか 如何?
に依って 今後の ことの全ての趨勢が確定するものと思考する次第である。

[753] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第6弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/01/28(土) 17:54
  [ 拡散希望 ]

日本国の“癌細胞/癌組織”の実態を暴く

過日の投稿にて 日本国に於ける 諸悪の根源である“日教組”問題が
日本国にとり 極めて“深刻“な門題であり かつ 本質的な問題であることが
投稿文のみにて 提起しましたが“いまひとつ”訴求力/説得力に 欠けるのでは?
なる 懸念 有りと思われます。

そこで より 視覚的/感覚的に 受け入れられ/納得されるで在ろうと
思われる手法である“ユーチューブ”情報を 下記 添付します。

当該 情報は 単なる“抽象論”では無く 極めて具体的な情報です。
これぞ 日教組=日本国の癌細胞/癌組織の実態である。

 http://www.youtube.com/watch?v=xVftYza2qaw&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=Z3xcxc5i4EE&feature=related
特に 上記の 2種 情報は 是非 是非 ご覧 願います。

以下の情報を拝見しますと 日本全国に遡及する“教育門題”の実態で在り かつ
日教組なる代物は“ミンスひだりまき政党”とは ご親密/“ずぶずぶ”の
“ご関係”の“ご様子”である。
http://www.youtube.com/watch?v=kB4k_4YqtNM
http://www.youtube.com/watch?v=ybWLFvNaUMs&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Lq60VZ2Ouf4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=-Sma6x_aE24&feature=related

[754] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩 第6弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/02/16(木) 17:48
  [ 拡散 希望 ]

 “ミンスちょうせん党”を糾弾する 第7弾

先ず 下記 添付 ユーチューブ情報を ご覧下さい。

当該 情報は正に“ミンスひだりまき/ちょうせん党”なる政党の
“衣の下の鎧”即ち“ミンスひだりまき/ちょうせん党”そのものの
実態/本質が ものの見事に 白日の下に晒された“貴重/稀有”なる
情報です。

何と 本件 情報の張本人なる輩(オザワ)は“ミンスひだりまき/ちょうせん党”の
元 親玉でるが 当時 門題の 当該“政党”の最高権力者=独裁者であり
かつ 例の 所謂“4K ばらまき政策”即ち 究極の“ごまかし/たぶらかし”の
卑劣なる“手練手管”を駆使し 前回の衆議院選挙にて 日本国民/有権者は
ものの見事に 是に“はまり”政権の“簒奪/略奪”を実行した
張本人(オザワ)でもある。

更に 下記 ユーチューブ 画像情報に依ると 例の“歴史ネタ”を外交カードとして
エンドレスに利用し“ひつこい”こと 比類 無き“近隣反日国”(ちょうせん)を
わざわざ 何故か 訪問し“ひだりまき”の常套手段である
お得意の“日本わるもの”論 即ち 所謂“自虐史観”を 公開上にて“ご立派な”??
講演なる形態にて“ほざいて”いる。

尚 幾許かであれども 政治に関心を享有されて居られる 各位よりの“ご発言”
としましては 下記 ご指摘がありますことは 承知して居ります。

「罹る ユーチューブ情報なるものは そもそも論として“オザワ”なる輩が
単に“ご先祖 返り”しただけの行動/行為である。」
単刀直入に換言しますと 当該“張本人”なるものは 日本国 国会議員では無く
近隣反日国(ちょうせん)の国会議員であれば 何ら違和感は 皆無である。

尚 当該“張本人”の選挙区に在住されて居られます 日本国民/有権者に
於かれましては 是非 是非 当該“張本人”に対して 講演会 等々の
機会を捉える形態にて 下記の 政治的 要求を遂行/実行されることを
強く 強く 希求 致します。

「議員さま 我々“有権者”を代表しまして 要求します。
 あなたは 即刻 速やかに日本国籍を離脱されて 近隣反日国(ちょうせん)の
国籍を取得され“ご先祖さま”に 是非 ご恩返しを されることを
お勧め致します。」

此処で 過去を振り返るに 前回の衆議院選挙に於いて“日本国民/有権者”は
何と この“日本国”を貶めることに邁進する 換言しますと
日本国の国家の姿形でもある 根源的“アイデンティティー”までをも
全否定する愚行/悪行を 平然として 何らの 躊躇も無く実行する
極悪 極まる“恐ろしき醜悪”なる国会議員(オザワ)の 手の上に乗り ものの見事に“どつぼに はまり”是を“支持/擁護”する投票行動を起こしたことに
猛省を促す次第である。

但し 現時点に於いては 最早や 手遅れの感 無きにしも 非ずであるが ...

因みに 現 政権“ミンスひだりまき/ちょうせん党”の どじょう政権は 多分
“カン政権”の前例が示す如く 同様に 総理大臣の椅子に 執拗に
“ひがみつき/かじりつき”少なくとも 来年の4年間の任期までは 総選挙は
無いものと 予測されます。

それが故に 我が日本国は 奈落の底へと落下し その凋落は留まること無しと
云える程の醜態が 現在も 尚 進行中であると 容易に断定される状況である。

http://www.youtube.com/watch?v=uX7xFMvCly8

 追記
上記の ユーチューブ情報の 初期画面に於いて 広告画面が表出しますが
同 画面上の[ この広告をスキップ ]の部分を クリック しますと
この邪魔な 広告画面を消すことが 可能です。

[757] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第9弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/02/26(日) 14:07
 “ミンスちょうせん党”の実態 情報 (第9弾)

過日“ミンスちょうせん党”の 元 党首による 近隣反日国での
信憑性が極めて“希薄な/あやしげな”講演??(自虐史観)なる 所業/愚行を
実行した ユーチューブ情報を ご紹介/投稿 済みですが ...

当該 情報は 当然の如く 日本国の“マスゴミ”に依り 情報隠蔽されており
圧倒的 大多数の日本国民/有権者は“つんぼ さじき”状態にある。

因みに 現在 公判中である裁判員裁判の判決は 微妙な状況にあるが
今だに 所謂“オザワ擁護論/待望論”は T.V 界 等々にて跳梁跋跨している。

曰く「次期“ミンスちょうせん党”次期党首 確実 ...
次期 内閣総理大臣 ...言々 等々の発言を繰り返す輩も 現存する。」

但し 日本国内に於いても“知る人ぞ知る”なる存在は 極めて 僅少ではありますが
存在します。

下記 添付 URL を クリック しますと ご覧 戴けます。
勿論 ユーチューブ情報です。
http://www.youtube.com/watch?v=MERTrcik8CU&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=E7VQCu3HGt8&feature=related

所で 所謂“ひだりまきども”に依る 類似の所業/愚行なるものの
本質的 問題は日本国民/有権者が“近 現代史/政治史”を 余りにも
“知らな過ぎる”ことにより“だまし/たぶらかし”に“はまる”ことに有り
と思われます。

その最大の要因は 過去 60数年間に亘る“日教組 教育”に依り
完膚なきまでに“汚染=マインド.コントロール”され続けられ 現在 尚も
継続されつつ有る 所謂“日教組 教育=自虐史観教育”に在ることは
明白であるが

かてて加えて 上記“自虐史観 教育”なるものは 今や 世代を超えて浸透している
事実がある。

即ち 今や 親の世代を超えて 子供の世代までにも“波及/遡及”している事実が在る。
換言しますと 今や“救い難い”程の末期症状に有りとも言える状況である。

更に 更に 日本国に於ける 圧倒的 多数を 独占/占有する 所謂“マスゴミ”が
前記の“自虐史観 教育”に“汚染=マインド.コントロール”された 親の世代
に依り 支配されている事実も存在する。

何せ“ミンスちょうせん党”“カンカラカン内閣”当時の中枢に在る“内閣官房長官”
(センゴク)なる輩が 国会に於ける 過日の予算委員会に於いて
「自衛隊は暴力装置である。」...言々なる 発言を 堂々と 何らの 躊躇も無く
“ほざいて”いたが ...

罹る 典型的な“ひだりまき発言”に対しても 所謂“マスゴミ”(T.V/新聞)は
勿論のこと 所謂“世論”なるものも“沈黙”している のみである。

上記の状況を 俯瞰しますと 今や 日本国は 回復不能な状況に成りつつ有る
とも云える。

尚 例の門題の“自虐史観/講演”に纏わる ユーチューブ情報を
下記 添付 追加 致します。

 http://www.youtube.com/watch?v=xyz7pZ7_HP8&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=UswizjEHAbk&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=yxl2y1frfI8&feature=relmfu

[759] RE:“ミンス左翼ちょうせん党”を叩く 第10弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/04/14(土) 16:41
  [ 拡散希望 ]
 “ミンス左翼ちょうせん党”を叩く 第10弾

“稲田議員”に依る国会本会議場に於ける名演説について

先ず 下記 添付 ユーチューブ情報を ご覧願います。

現在 掃いて捨てる程の 国会議員が存在し その夫々が 年間総額
一億数千万円の“国税/血税”を“むさぼり/食らい”つつ在る 所謂“税金泥棒”
即ち 数多の“唾棄”すべき 衆/参 国会議員なる代物が存在するが ...

上記 冒頭に記載しました“稲田議員”の存在は 罹る 上記 数多の国会議員に
対する 遣るかた無き“憤懣/憤怒”の胸中を 幾許かでは有れど“沈静化”の
方向へ指し示して戴ける 極めて“稀有/貴重”なる名演説である。

正に“掃き溜めの中の鶴”/“暗闇の中での一瑠の曙光”である。

更に そもそも論/本質論として付言しますと“国会議員”なる存在は
日本国民/有権者が 在るべき存在として“育成/培養”すべきものである。

罹る視点より 鑑みて“稲田議員”の出身地である選挙区の“有権者”各位に
対して 深甚なる敬意を表する次第です。

勿論 小生 “稲田議員”の存在は 以前より存じては居りましたが ...
偶然 NET上にて この度 下記 添付の具体的な 画像情報を視聴させて戴き
改めて崇敬の念を 新たに抱いた次第である。

そもそも論であるが“国会議員”なるものの“存在価値”如何は 何処に在りや?
その解は 単純明快である。

言うまでも無く それは“飽くこと無く”常時 一身を賭して 己の国家の“国益”を
只管 追求/要求し その実現に邁進することに在る。

所が 過日の衆議院選挙に於いて“日本国民/有権者”が選択した
現状の 与党/内閣=“ミンス左翼ちょうせん党”所属の国会議員どもは
掃いて捨てる程 存在するが ...

過去 数年間に亘る 政権与党=“ミンス左翼ちょうせん党”に依る
政治志向/行動を 垣間見るに“きやつら”の辞書には“国益”なる“文字”は
“すっぽり”抜け落ち 存在せぬことは 明々白々であり かつ 厳然たる事実でもある。

因みに 現在 進行中の“ミンス左翼ちょうせん党”の元 代表である
“悪徳不動産屋もどき”=“オザワ”に対する公判中の“裁判員裁判”の法廷に於いて
当該 ご本人は 下記の 趣旨の発言を“ほざき/うそぶいて”いたが ...

曰く「 天下国家を論ずることに多忙であり 数億円 程度の“カネ”など眼中に無く
    全て秘書に任せていた ...言々 」
所が この“悪徳不動産屋もどき”が国会に於いて 前記の“稲田議員”演説の如き
“国益/天下国家”を主眼とした“国会演説”を実行した事例は 恐らく皆無である。

尚 実は 下記 添付 画像情報は“ミンス左翼ちょうせん党”=“カンカラカン政権”時代に於ける情報です。

罹る“古証文”の如き情報を ...云々なる“クレーム”を戴きますこと覚悟の上にて
敢えて提起させて戴きました。

例え“古証文”とは言へども 前記の“メイン.テーマ”である“国益”なる概念は
日本国に於いて 未だに軽視され“蔑ろ”にされている 最重要“テーマ”である。

日本国民/有権者は 英明なる“学習能力”を発起し 来る“総選挙”に対処することを
祈念 致します。

 http://www.youtube.com/watch?v=xQp6cBqX8gM&feature=relmfu
 http://www.youtube.com/watch?v=0XdXPfCdqSU&feature=relmfu

[791] RE:ミンスちょうせん党に纏わる選挙の実態は Name:BLACK HOLE Date:2012/11/30(金) 18:41
  [拡散 希望]

 ミンスちょうせん党 元幹事長“汚ザワ”が
“眼くらまし新党”を画策中

先ず 僅か 数年前に派生した事象である“ミンスちょうせん党”に依る“悪政”
即ち 今や 勇名?? を馳せている“嘘つきマニフェスト”なる代物で在るが
醜悪極まる悪行を画策し ものの見事に日本国民/有権者/納税者に対して
お得意の“だまし/たぶらかし”のテクニックを駆使して政権交代を実行している。

実は 知る人ぞ知る その張本人は 誰在ろう“汚ザワ”である。

所が 来月の総選挙を直前にして 何ら 恥じ入ること無く/性懲りも無く
愚策を極める この“嘘つきマニフェスト”もどき政策を 再度に亘る実行を企み 
“ひだりまき/おばさん県知事”を巧みに利用する形態にて 悪辣/巧妙に
当該 悪政を“オブラート”に包み込み 
二匹目の“どじょう”を狙っていること自明である。

此処で 前記の 抽象論では漠然とした話と成る故 具体的に指摘する。

それは今回の“ひだりまき/おばさん県知事”新党なるものが 画策する
目玉 公約なる一項目として 下記の文言を“ほざいて”いる。

「子育て支援策として“年間31万2000円”を支給する」
[注]但し 例に依って 例の如く 大問題の“財源”は 何ら明示せず。

日本国民/有権者/納税者 各位に於かれましては 既に ご存知と思われますが ...
この目玉 公約なるもの 以前に何処かで 聞き覚えのある話では ...?

そうです 数年前の“ミンスちょうせん党”即ち“汚ザワ”に依る政権交代
時点に於ける“嘘つきマニフェスト”なるものの 象徴的な一項目として
存在した代物と 同一であり 正に そのもの“ずばり”である。

これぞ 卑劣/愚劣 極まる正真正銘の“ポピュリズム”愚策である。

日本国民が 営々として 額に汗して納付した 税金/公金を
何らの躊躇も無く 平然として 恥じ入ること無く 恰も当然/必然の事として
己の保身/生き残り策を 只管 追求するのみの所業/悪行 即ち
“げんなま(税金)/ばらまき”愚策の遂行を 画策しつつ在ることは自明である。

今や“ひだりまき/おばさん県知事”新党なる代物は その得意技/常套手段である
“だましのテクニック”を労し 日本国民/納税者を“たぶらかす”悪行を
再度 実行しつつある事実を 日本国民/有権者は 強く認識し
まじかに来る 総選挙の投票行動に確実に 汎影せしめるべきである。

そもそも“げんなま(税金)/ばらまき”愚策なる悪行は 卒直に換言しますと
来る総選挙“票”の“買収もどき”では ...?

罹る事実は 正に 日本国民/有権者/納税者を 愚弄し侮辱し かつ 又
“ばかにしている”以外の 何ものでも無しである。

所で そもそも この“げんなま(税金)/ばらまき”愚策なる代物は 政権交代 後の
“ミンスちょうせん党”に依り 部分的には実行されたが 日本国 全体としての
所謂 経済効果としては ほぼ“零/ゼロ”であることが判明している。

換言しますと 現 政権与党である“ミンスちょうせん党”に依り“ばらまかれた”
“げんなま”(多分 兆円オーダーの税金)は ほぼ 全額が 即“預金/貯金”へと
直行し 金融機関に“溜め込まれ”将来の最重要な目的/課題であるべき
日本国 全体への“経済効果”は完全に相殺されている現実を 直視すべきである。

但し“ミンスちょうせん党”政権は ほぼ 終焉を迎えつつ有り かつ
当該 事実は 誠に慶賀すべき事象が招来しつつ有るが ...

現在 尚 日本国は 所謂“不景気の暴風雨”が吹き荒れ 継続中であることは
明白であり かつ その行く末は 留まること無しであることも 厳然たる現実である。

罹る 事実は 現 政権与党である“ミンスちょうせん党”に依る“大失政”
で有ることも 又 厳然たる現実/事実である。

我が日本国の 惨澹たる状況/凋落の進行に“歯止め”を掛ける 唯一の方策/具体策は
英邁なる“ブログ参集者”各位に措かれましては 既に ご推察の如くですが ...

敢えて直言します 今更 言うまでも無く 来る総選挙に於ける
日本国民/有権者/納税者の 投票行動 如何?が ことの全てを確定すること
明々白々です。

 追記

救い難き程の単細胞/単純思考の“ひだりまきども”集団を利用し
“汚ザワ”自身は“陰湿”極まる形で“影”に廻り“ひだりまき/おばさん県知事”に
背乗りする形態にて 恰も 背後霊の如くに行動し 日本国民/有権者/納税者の
“まなこ/眼”を“くらまし/たぶらかし/騙し”の手法 即ち“ひだりまきども”の
常套手段/得意技である手法を 駆使しつつ選挙運動を実行している。

幾許かでは有れど 現状の政治に関心を享有し 我が日本国の将来を“憂い”
かつ 危機感を享有されます 本 ブログ板 参集者 各位に 措かれましては
正に“釈迦に説法”の言説と 自覚しておりますが ...
敢えて 投稿させて戴きました。

最後に 元“ミンスちょうせん党”幹事長 即ち“汚ザワ”に纏わる
“ちょうせん党”なる名称の由来を明示する 明白なる確証/証拠となる動画情報を
提示させて戴きます。
[注]全て ユーチューブ動画情報です。

下記 添付の動画情報を一見することに依り“ころもの下に鎧が ちらつく”仕儀
即ち その実態が 明白に成ることを“保障”致します。
[注] 動画面に於ける 冒頭部分の広告部分は「広告スキップ」をクリックする形にて
   “スキップ/はしょおる”ことが可能です。

http://www.youtube.com/watch?v=yxl2y1frfI8&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=MERTrcik8CU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=E7VQCu3HGt8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=UswizjEHAbk&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=xyz7pZ7_HP8&feature=related
 http://www.youtube.com/watch?v=uX7xFMvCly8
 http://www.youtube.com/watch?v=3k79ozsd_-8
 http://www.youtube.com/watch?v=10T4W1AenJY

[793] “左翼ちょうせんミンス党”を叩く 第12弾 Name:BLACK HOLE Date:2013/02/09(土) 15:05
  [拡散 希望]
   “左翼ちょうせんミンス党”を叩く 第12弾

本 ブログ参集者 各位に於かれましては 既に ご存知のことと思われますが ...

例の 共産党一党独裁国“支那”による 火器管制=ミサイル/艦砲
管制 攻撃用レーダー波の照射 事犯 即ち 所謂“ロックオン”事犯に纏わる
情報に関する件ですが ...

昨日の衆議院予算委員会の 国会討論に於いて“左翼ちょうせんミンス党”の委員どもが
前記 共産党一党独裁国“支那”に依る“ロックオン”事犯に関する
質疑を 身の程知らずで“ほざいて”いたが ...

その質疑の内容は 当該 事犯が 先々 惹起するで在ろう 日本国の命運をも
左右するで在ろう 深刻な門題の本質を議論すること無く 極めて“お寒い”質問
即ち“ちまちました”枝葉末節な質問に終始した。

曰く「事犯 発生後 官邸に報告された日時は? ...」 等々

そもそも“左翼ちょうせんミンス党”なる政党は 僅か 数ヶ月 以前には
日本国の政権与党であり その国会質疑に於いては ひだりまき固有/特有の
例の“自衛隊”は暴力装置である“...言々なる 堂々たる?? 不埒極まる
罵詈雑言を吐いた 典型的な“ひだりまきセンゴク官房長官”を輩出しているが

国会議員たるものの 存在価値は如何? に対する命題の第一は
万難を排して“国益”なる概念を 只管 追求することに在ること自明であるが
当該“悪名 高き”政党の辞書には“国益”なる文字は 100% 存在せずである。

但し“センゴク”なる輩は 過日の衆議院選挙に於いては 国会議員に対する
正に最高の懲罰方策である“落選”と言う名の“恥辱/汚辱”を付与せしめて居り
当該 輩の選挙区である“徳島”の有権者 各位には 深甚なる敬意を表する次第です。

更に“左翼ちょうせんミンス党”なる政党は 過日の衆議院選挙に於ける
日本国民/有権者の選択は 堪忍袋の緒が切れ 明確に“NO”を突きつけ
“左翼ちょうせんミンス党”を懲落せしめていることも 誠に慶賀すべき事象であり
我が日本国に 再度の曙光の兆しが 散見されつつ在る現状を 鑑みるに
“日本国”今だ 望み無きにしも非ずの感懐を 強くするものである。

そもそも 今回の 共産党一党独裁国“支那”に依る 形振り構わぬ
暴虐/横暴の限りを尽くす 所業を派生せしめた 原因の一端は 是 又
“左翼ちょうせんミンス党”に依る 過去に於ける“愚行/蛮行”に在りと
思考することは 小生のみに 非ずと思われるが ...
以下 縷々“事実”のみを指摘する次第である。

1)“友愛”なる“たわごと”を“ほざき”つつ“まんまと”共産党一党独裁国“支那”
の権謀術策に ものの見事に“はまり込む”愚行を実行している
左翼ミンス党 元“内閣総理大臣”が存在する。
2)更に 更に 罹る輩は“支那”入国後 支那国営の札付きの“反日 宣伝工作施設”
即ち 支那が 一方的に喧伝する“南京大逆殺説”を糊塗/喧伝する施設 等々に
 参拝し 正に 絵に描いた如くの“土下座”行脚を敢行している事実が在る。
 [注]誤解 無き様に 敢えて付言しますが ...
 当該“ルーピー.ハトヤマ”なる輩は 日本国の靖国神社に参拝した事実は
 皆無で有ることを 明言させて戴きます。
3)日本国民/有権者を 是 又 ものの見事に“騙し/たぶらかし”の手法を駆使する
  形態にて その本質的 実体を隠蔽し 巧妙にオブラートに 包む形にて
“政権与党”なる絶大なる権力を強奪/略奪した“汚ザワ”なる輩が
存在していた事実が有るが ...

当時の 総選挙に大勝した 所謂“汚ザワ.チルドレン”等々の国会議員どもと
共に 何と 少なくとも百数十人 規模の輩どもが
何と 在ろうことか 共産党一党独裁国“支那”へと 大挙して“参拝”している
事実がある。

更に 更に 共産党一党独裁国“支那”の大親分である“コキントウさま”に
拝謁し 当該 議員ども 個々人が 夫々 整列し 順番待ちの形で
“ツーショト写真”を撮影し“はしゃいで”いる 余りにも愚かな 姿形が
散見されていた事実を 悪夢の如く想起する。

是は 本当に 日本国民/有権者に選択された 国会議員なので在ろうか?

当該 議員どもの 正に 言葉を失う程の 幼稚さ/稚拙さを極める 姿態は
眩暈を伴い/吐き気を 催す程の 醜悪 極まる愚行が遂行されていた事実もある。

正に“土下座外交”此処に 極まれり である。

共産党一党独裁国“支那”にとり絶好の“宣伝効果/宣伝材料/プロパガンダ”
に利用されたで在ろうことは 容易にに予測され かつ 最善の好材料を
提供/献上したこと自明である。

所で 前記“左翼ミンスちょうせん党”が過去に於いて 実行した数多の 愚行事実は
果たして日本国の“国益”に貢献したので有ろうか?

断じて“否”である!! 罹る事実こそ日本国の“国益”を毀損せしめた極みである。

数ヶ月後に 到来するで有ろう“参議院選挙”に於いても
“左翼ミンスちょうせん党”の国会議員どもを 再度“落選”せしめることが
日本国を 奈落の底より 再度 浮上せしめる為の 唯一の方策であること
明々白々である。

現 時点に於いて 日本国民/有権者が知り得る情報は 例に依って例の如く
役立たずの日本国“マスゴミ”報道の多くは 罹る 事犯の本質論を回避し
極めて限定的な情報のみで在るが ...
以下は 現 時点に於いて 知り得た情報を 箇条書きにて簡明に記載しますと

1) 共産党一党独裁国/支那が 自称する“人民解放軍”なる軍隊は
民主主義国の常識である所の“シビリアン.コントロール(文民統制)なる
“歯止め”が 全っく利かない可能性が極めて“大”である。

但し 今後 再度に亘り 罹る“ロックオン”事犯が 再発する仕儀に至れば
是は 明確に 共産党一党独裁政権が 指揮/命令している事実の
確証となることは 自明である。

換言しますと あの国の“軍隊”なるものの本質は“人民解放軍”ならぬ
“共産党一党独裁政権 死守軍”である。

2)“ロックオン”事犯が発生した 地理的 位置は 東 支那海 日本/支那
  両国 中間線の 日本側 海域である。

3) 当該 事犯の真なる究明の行方は 共産党一党独裁国“支那”の得意技/
常套手段である 例の あらゆる“虚言/だまし/たぶらかし”の手法を
駆使し 世界的規模の 終わり無き 熾烈な“情報戦”が 繰り返され
共産党一党独裁国/支那なる独裁体制が 変革されぬ限り
その結末は 永遠に“曖昧/未解明”な形態にて 終焉を迎えること必定である。

  [注]因みに 大多数の日本国民/有権者は 今だ“記憶”に残存して
居られものと思われますが ...

過去に於いて“共産党一党独裁国/支那”に依り 日本国民/有権者の
“心胆”を寒から占め その恐怖心は 極に達っした事犯であるが ...

そうです それは かの有名な“毒ぎょうざ”輸出 事犯であるが 未だに
その真相は未解明であり“共産党一党独裁国/支那”の
“謀略/策略/どつぼ”に まんまと嵌り 今や 忘却の彼方へ
消失しつつあることも 銘記すべきである。

但し“支那”よりの輸入食品を 食した場合は“死亡”する 可能性が
極めて“大”である事実が 大多数の日本国民に 広く認識された事象に
関しては 不幸中の幸いでは有るが ...

  追記

以下の情報は 所謂“左翼/マスゴミ”(T.V/新聞)等々より
取得し得ぬ ネット界より取得した情報であるが ...

先ず 下記の URL 情報は 一時的には ネット上に表出された情報であるが
何故か 確たる理由も無く“突然”消去され アクセス不能と成った情報である。
[注]魚拓なる ネット上のテクニックに依り 永久保存が可能と成った情報です。

下記 添付 情報が 若し 事実とすると“左翼ちょうせんミンス党”は
お得意の裏技でもある 情報隠蔽 工作を 実行していたことに成り 由々しき事実が
浮上することに成る。
http://megalodon.jp/2013-0206-2054-52/www.asahi.com/politics/update/0206/TKY201302060145.html

次なる情報は 下記 ブログを 参照 願いますれば“お判り”戴けますが
当該 事犯の本質である“一党独裁国/支那”は“左翼ちょうせんミンス党”政権時代に
於いても 当該“ロックオン”事犯なる 挑発行動を 実行していたことに成り
極めて 重要なる事実が存在していたことに成る。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1332.html

序に 下記 添付 URL 情報は 従来より存在する 既存の 所謂“マスゴミ”とは
一線を画した放送局である“桜 チャンネル”よりの“ユーチューブ”動画情報です。

“支那”に関する反日門題 & 尖閣諸島に纏わる件に関する より真なる情報が
視聴 可能です。
[注]尚“桜 チャンネル”は 有料放送局である為に 実際の視聴者数は
   残念乍ら 現状では 少数の様です。
 http://hotjapan.seesaa.net/article/305894037.html

[787] 報道 『歴史教科書の盗作問題の真実』 Name:桜子 Date:2012/10/22(月) 10:31 [ 返信 ]


  

[788] RE:報道 『歴史教科書の盗作問題の真実』 Name:桜子 Date:2012/10/22(月) 10:31


   

[789] RE:報道 『歴史教科書の盗作問題の真実』 Name:桜子 Date:2012/10/22(月) 10:38
結局、つくる会のメンバーを追い出した育鵬社側には、自分たちの歴史教科書をつくろうという人がいなかった、あるいはできる人がいなかった、できてもひどいものだったと、そういうことなのでしょうね。

それで「つくる会」の教科書を真似たのでしょう。

真似るならば全部真似れば良かったのに、ごまかそうとして、少し変えたところは、全部改悪になってしまいました。




[784] 韓国の真の歴史 Name:小倉 Date:2012/08/19(日) 14:37 [ 返信 ]


[785] 世界は日本をどう見ているのか Name:小倉 Date:2012/08/19(日) 15:15


[783] 日本外務省 (害務省) に抗議しましょう Name:高梨 MAIL Date:2012/08/07(火) 09:51 [ 返信 ]
産経新聞24年8月7日(朝刊)報道
  外務省は韓国政府が6月発行した外交白書の韓国名「独島」の領有権主張に対して、全く抗議していない事が判った。その理由として「韓国を刺激したくないと言う思惑があるようだ」とありました。これによって日本外交の事なかれ主義の甘さが浮き彫りになった由。
              (ソウル・黒田勝弘氏)
  こんな事、絶対に見逃すべきでは有りません。
職務怠慢です。文字通り日本害務省に成り下がった日本外務省に怒りを込めて抗議しましょう。


21件〜30件(全268件)  135678910       <RSS>    【管理者へ連絡



■<藤岡先生の名誉を守る会〉の法廷報告 (平成20年7月20日現在)

怪文書1  怪文書2  怪文書3  怪文書4 怪文書5  怪文書6

怪文書4及び怪文書5に使われた原文



■リンク

日本流まな板  新しい歴史教科書を支援(広義)する掲示板 本板 姫板 姫板ウラ


東京三多摩支部事務局 
Powered by WEBでき掲示板