東 京 支 部 掲 示 板


   全国の善男善女が書きこむ板です。
 
 『新しい歴史教科書』が文字通り新しくなって生まれ変わりました。
歴史教科書刷新の運動は新たな時代に突入致します。
伝統に学んだ豊かな知恵を集め、汚れのない心で若い世代を育てましょう。


つくる会のtwitter

自由社
     新しい歴史教科書をつくる会  つくる会 東京支部
 


[409] 米元章「淡墨秋山詩」画像 Name:苹@泥酔 Date:2010/01/22(金) 20:33 [ 返信 ]


淡墨秋山畫遠
天。暮霞還照
紫添烟。故人好
在重携手。不到
平山謾五年。

(またまた画像用に場所を拝借。)
 北京故宮博物院蔵。底本は中田勇次郎『米フツ(草冠に市)』図版篇(二玄社)。ただし本が大き過ぎてスキャナからハミ出るため、画像を分けて取り込んだ。季刊誌『墨』(芸術新聞社)のロゴに使われてきた字が含まれているので出してみた。
 米元章の影響は日本でも少なくない。頼山陽や市河米庵など唐様の書もさる事ながら、南画〜文人画における米点山水の技法が際立つ。他の文人趣味も含めると幅が広がり過ぎる嫌いはあるが、支那文物の日本流入を促す動機には相応の関わりを持つのだろう。また庶民にもそこそこ知られていたらしい。式亭三馬の「浮世風呂」四編巻之下に名前が出てくる(岩波『新日本古典文学大系』では当該巻のP.273参照)。江戸時代に普及した米書では、木版の「天馬賦」あたりが目立つらしい。翻刻ゆえ、現代から見れば書風に違和感を感じる面もあろうが、当時の米書イメージを推し測る上では硬直的な真蹟至上主義を採るべきではない。


[411] RE:米元章「淡墨秋山詩」画像 Name:桜子 Date:2010/01/23(土) 00:44


こんばんは、桜子です。

スキャンで分割になってしまう場合は、あとで合わせると良いと思います。

きれいには出来ていませんが、スキャンの時にもう少し工夫すれば、もう少しきれいにできます。

ほんの僅かですが、傾いていますし、本の開き具合も違うのです。


[412] 世に「大は小を兼ねる」と云うけれど… Name: Date:2010/01/23(土) 18:42


 画像合成、有難う御座います。助かります。
 上の画像も『墨』145号P.34から一度に取り込もうとすればスキャナからハミ出るけれど、分割して構わない画像ゆえ無問題。困るのは大きな写真と分厚い本と古い本で、分厚いとスキャナから浮いてしまうし古本は傷みやすい…。
 これは豊道春海(ぶんどうしゅんかい・75歳)の「龍翔鳳舞」揮毫風景。S27.1.5東京都美術館に於て高松宮、東久邇宮大妃・閑院宮妃・伏見宮妃・梨本宮妃・季王妃各宮方の台覧を賜り、当時テレビ放送される。紙の大きさは丈二十間、幅三間余り(6m×40m)。使った墨の量は一斗五升との事。



  




■<藤岡先生の名誉を守る会〉の法廷報告 (平成20年7月20日現在)

怪文書1  怪文書2  怪文書3  怪文書4 怪文書5  怪文書6

怪文書4及び怪文書5に使われた原文



■リンク

日本流まな板  新しい歴史教科書を支援(広義)する掲示板 本板 姫板 姫板ウラ


東京三多摩支部事務局 
Powered by WEBでき掲示板