東 京 支 部 掲 示 板


   全国の善男善女が書きこむ板です。
 
 『新しい歴史教科書』が文字通り新しくなって生まれ変わりました。
歴史教科書刷新の運動は新たな時代に突入致します。
伝統に学んだ豊かな知恵を集め、汚れのない心で若い世代を育てましょう。


つくる会のtwitter

自由社
     新しい歴史教科書をつくる会  つくる会 東京支部
 


[794] プロパガンダ/“たわごと”としての 所謂 従軍慰安婦門題 Name:BLACK HOLE Date:2013/04/06(土) 17:02 [ 返信 ]
 プロパガンダ/“たわごと”としての 所謂 従軍慰安婦門題

  [拡散 希望]

正に“すじがね入り”の近隣反日国であり かつ その数多の所業は
その“ひつこさ”に於いて 正に 常軌を逸脱し 狂気の沙汰であることは
圧倒的 大多数の普通の“まともな”日本人であれば 衆目の定まる所であるが ...

多分 この“ひつこさ”は 戦後六十数年を経た 現在に於いても 有力な
“対日外交カード”として 未来永劫/永遠に続行されることは ほぼ 確実である。

直言しますと 是は日本国に対する 近隣反日国に依る 絶えること無き
一貫して 継続実行されつつ在る“情報戦争”である。

罹る 情報戦争としての現状は ほぼ 日本国は 残念乍ら 完敗状態に
“もだえ”/“喘いでいる”のが 現実である。

当該 完敗情況を招来せしめた 原因/理由は 下記にありと思考されます。

1) 近隣反日国 側は 終始一貫“独裁国/独裁国もどき”の態様にて
“反日”と言う名の“国是”を 錦の御旗として“ぶれること無く”
“国ぐるみ”の 一枚岩で戦いを挑んで来ている。
更に 自国民の幼少時代より 高学年世代に至るまで“えげつない”
国定教科書に依る“反日教育”を強引に“たたきこむ”愚行を
只管 実行している現実もある。
2) 対する 日本国内には“自虐史観”なる“巨大看板/プラカード”を掲げて
何故か 重箱の隅を“つつく”が如くの形態にて“隙 在らば”日本国の
“足元”を引っぱり/引き倒す存在 即ち 今 尚 日本国内には
“獅子身中の虫”が存在する。

例えば“ひだりまき政治屋”並びに 自称“ひだりまき知識人
即ち”似非“評論家”/“似非 学者/大学教授”等々 数多 存在し
百花繚乱 枚挙に暇なしである。

より具体的に ご披露しますと 数多の“ひだりまきども集団”即ち
“ちょうにち新聞”/NHK(日本偏向放送協会)等々を 筆頭とする
所謂“反日マスゴミ権力”団体の存在である。

更に 更に 戦後60数年間に亘り 延々として 是 又“ひつこく”反日教育を
密かに/隠微に/目立たぬ様に 続行している“にっきょうそ”なる団体
の存在がある。

何れにせよ 世界に冠たる??“ちょうせん”に依る 反日“プロパガンダ”は
今や 全世界に“ばらまかれ”ていることが 現状/現実である。
[注]特に 在米“ちょうせん人”が その喧伝効果/効率の UP を意図して
東アジアの情況/情勢に無知な米国人=“単純無垢”な米国人に対して
当該“プロパガンダ”の“ばらまき”を実行しつつ在ることが顕著に覗える。
又 罹る 反日“プロパガンダ”を信用している米国人が 少なからず
存在する現実/事実もある。

その究極の目的は お得意の 虚言癖を弄して 世界を“騙し/たぶらかし”つつ
かつ 日本国に対抗し 手段を選ばず あらゆる方策“侮辱/凌辱”の限りを尽くし
最終的には日本国を 凋落せしめることに 主眼が 在ること自明である。

敢えて 付言しますと 前記の「ちょうせん人」なる言葉を「支那人」と置き換える
ことも 当然 可能である。

所で 前置きが長く成りましたが ... 門題の主眼/本質に入りますが ...
先ず 下記 添付の URL を クリック 願います。
[注]勿論 ユーチューブ 動画情報ですが この種の情報は 例に依って例の如く
 日本国の“ひいだりまきマスゴミ”より報道されることは 皆無である。
 
因みに NHK(日本偏向放送協会)は著作権なるものを“ほざきつつ”
罹る ユーチューブ情報は 己の“思想”に反する故に 消去/末消している。

但し 下記 添付の URL は ネット世界の“まともな日本人”に依り
再度 作成されたものと思われます。
下記 添付 ユーチューブ情報の内容は 過日 衆議院委員会に於いて
当該 門題に関する 日本維新の会“中山 成彬”議員に依り実行された
国会質疑に纏わる 動画情報です。

この種の問題に関する“まともな”国会質疑を 今だ嘗って 拝見した記憶が在りません。
ある意味に於いては 時代を画した 公開での質疑であると思考する次第である。
 http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=FGjFbWRv85g&NR=1

更に 下記の URL は 上記のユーチューブ情報に対して 動画の画面上に
英文/翻訳文を付加したものです。

この“ユーチューブ”なるもは 全世界中に存在する 膨大な数の“パソコン”等々
により 視聴することが可能であり ほぼ 万国共通語と成りつつ在る 英語を
情報伝達手段として流用することは 有力な手法であると思われます。
 http://www.youtube.com/watch?v=ausRSDUxKr4

前記 縷々 日本国にとり 我が身に降りかかる 避け難き深刻な問題の一つとして
提起させて戴きましたが ...
現状の日本国は 地政学的に 多数の近隣反日国に“とりかこまれた”現実に在ります。

当該 反日国の群れに対して 現状の日本国は 残念乍ら 同時並行の形にて
全ての反日国に 対抗することは不可能である。
[注]具体的には 軍事的/外交的 ...等々 の同時並行の形での 対抗能力は
 ほぼ 現状のままの日本国に於いては 絶望的である。

換言しますと 夫々の反日国に対して 意図的に/戦略的に“濃淡”を付ける形にて
年月差/時間差 攻撃を考慮しつつ 対抗する以外に方策 無しと思考する次第である。

馬鹿正直な“まともな”普通の日本人にとっては 抵抗感の有る 不向きな思考精神では
在りますが 近隣反日国に対して 負けず劣らぬ 形振り構わず
“ねばり強い/ひつこさ”を発露し 時には“ダブル.スタンダード”も厭わず
時には“汚い手段/方策”も厭わず 息長く 反日国に対抗する以外に
対応策は無しである。

過去に於ける 近隣反日国に対する 日本国の対応策としては 常に 平身低頭
“ご無理 ごもっとも”/“相手国を刺激するな”/
“相手国のセンシティブな門題は先送りしろ”...言々 等々
あらゆる場面で 常套句の如く鸚鵡返しの如く 馬鹿の一つ覚えの 行動パターンを
続行して来たのは 何処の国家で在ったでろうか?
誰 在ろう その国家の名は“日本国”である。

先ずは より深刻の度合いが MAX.である“共産党一党独裁国 支那”に依る
尖閣諸島に対する 領空/領海 侵犯事犯に 的確に対抗することが 最優先課題である。

最後に 冷静に 戦後60数年以前よりの 過去を振り返りますと“まともな日本人”にとり 精神衛生上 最悪の事象が 留まること無く派生し 混迷/混沌 極まる情況に
至りし根源的/本質的な 理由/原因は 何ぞや?

単刀直入に付言しますと 究極的には“憲法問題”に辿りつくものと思われます。

日本国は戦後 半世紀以上に亘り 不毛の“平和が第一”なる美名の下に“護憲”論が
跳梁跋跨し“改憲 断固反対”論が当然至極の如くに“はびこり”過ぎた時代が
余りにも長期間に亘り 続いている。

そこで かくの如く汚泥に塗れた 救い難き程の状況に凋落した“日本国”を
救出する唯一の手段が有ります。

それは“まともな普通の日本人”が その気に成れば 実行可能な方法です。

日本国民/有権者/納税者 各位が 唯一 具体的に実行可能であり
かつ 日本国を蘇生させ得る 具体的な有力/唯一の方策の具体策を
提示/提言させて戴きます。

数ヶ月後に 来る“参議院選挙”に於いての“選挙”の争点としまして
“護憲派”か? 又は“改憲派”か? を政党 並びに立候補者に対して
厳しく詰問し その回答の如何に依り 投票権を行使します。

勿論 云わずと知れた“改憲派 政党”&“改憲派 立候補者”に一票を
投ずるのみの行動にて 完了します。

更に 是は 日本国民/有権者 各位に対する 根源的な問いかけでありますが ...

現存する 我々 日本国民は 当該“反日プロパガンダ”に依り“恥辱/汚辱”の
限りを尽くされた情況に追い込まれ かつ 今 尚 世界中に喧伝され続けて居ります。
その屈辱感は極限に到達して居ります。

現状に於いては“腰抜け/腑抜け”国家 として容認し 永遠に放置した状態にて
思考停止した場合ですが ...

将来に亘り 子々孫々に亘り 連綿と継続するで在ろう 未来の日本人に対して
現状のまま“引き継ぐ”ことに 何らの躊躇は 無いのであろうか?

このままでは“申しわけ無い”...なる感懐(うしろめたさ)を抱くことは
無いのであろうか?

更に 追記させて戴きます。
前記の 日本維新の会“中山 成彬”議員に依る 国会質疑は 実は全体の
質疑時間が長時間に及んで居ります。

若し その質疑の全貌を 是非 拝見したいとの ご要望が有りますれば
下記の URL を クリック 願います。

尚“ひだりまきども”集団の巣窟である NHK(日本偏向放送協会)は
己自身が放映した 国会T.V中継を 素材とする“ユーチューブ”情報に関しては
著作権なるものを主張し強制的に“消去”を要求し 現時点に於いては
視聴することは不可能ですが ...

所が 世の中は“まんざら”捨てたものでは無く“桜 チャンネル”なる
有料T.V放送局が 無料にて“中山 成彬”議員に依る 国会質疑の全貌を網羅した
動画映像を“ユーチューブ”に依り提供されて居ります。
 http://www.youtube.com/watch?v=RiKR7jPvwAk
 http://www.youtube.com/watch?v=O0qAnuFn2eE


スレッド記事表示 No.794 プロパガンダ/“たわごと”としての 所謂 従軍慰安婦門題 BLACK HOLE 2013/04/06(土) 17:02 [ 返信 ]
   ┣No.795 RE:従軍慰安婦門題に関する 追記 BLACK HOLE 2013/04/12(金) 08:16
   ┗No.796 みんなの党に依る“道徳教育”反対論について BLACK HOLE 2013/04/17(水) 15:31

  





■<藤岡先生の名誉を守る会〉の法廷報告 (平成20年7月20日現在)

怪文書1  怪文書2  怪文書3  怪文書4 怪文書5  怪文書6

怪文書4及び怪文書5に使われた原文



■リンク

日本流まな板  新しい歴史教科書を支援(広義)する掲示板 本板 姫板 姫板ウラ


東京三多摩支部事務局 
Powered by WEBでき掲示板