東 京 支 部 掲 示 板


   全国の善男善女が書きこむ板です。
 
 『新しい歴史教科書』が文字通り新しくなって生まれ変わりました。
歴史教科書刷新の運動は新たな時代に突入致します。
伝統に学んだ豊かな知恵を集め、汚れのない心で若い世代を育てましょう。


つくる会のtwitter

自由社
     新しい歴史教科書をつくる会  つくる会 東京支部
 


[750] RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第5弾 Name:BLACK HOLE Date:2012/01/23(月) 18:08
日教組に依る国旗/国歌 訴訟に関する最高裁 判決

過日 実施されました 大坂市長 & 大坂府知事 同時選挙
時点に於ける 所謂 大坂維新の会に依る 選挙公約での
“国歌/国旗”不起立 門題 等々 教育問題に纏わる条例案に
深甚なる関心を享有し 選挙の結果としては 大坂維新の会が
圧倒的 勝利を獲得したが ...

今回 東京都に於ける 教職員組合側より提訴された 同様 趣旨の
“教育門題”に対する 最高裁の判決が結審したが ...

所が 今回の 最高裁 判決に関しては“へびの生殺し”状態の
曖昧模糊とした判決文と成っている。

戦後60数年間の長期に亘る“戦後教育 門題”の本質は
所謂 日教組 & 教育委員会制度に“諸悪の根源”が在る。

尚 掃いて捨てる程の国会議員 等々 所謂“政治屋”なるものは
数多 存在するが 残念 乍ら 罹る“教育門題”に対して“まともに”
臆すること無く 真正面より“選挙公約”の一事例として 屹立対峙する
“政治家”は存在せず なる状況が 続いていたが ...

今回 上記の 大坂 同時選挙にて 初めて選挙での“ガチンコ勝負”
が実行された。

具体的に 今回の判決文の 一部としての“へびの生殺し”状態を例示しますと
裁判官の補足意見として 下記 文例があります。

>不起立と懲戒処分が 繰り返される事態の解消に向けて 全ての関係者に依る
>具体的な方策と努力が必要だ ... 言々

上記の 裁判官の話なるものは 余りにも教育現場の“現実/現状”を認識せぬ
“絵空事”であり かつ 無意味な“お花畑”論である。

そもそも 当該 門題の ことの本質は明確に“反 国旗/反 国歌”運動を展開し
“確信犯”的に 教育現場の秩序を混乱せしめている状況が 超長期に亘り
“ひつこく”繰り返されていることが 厳然たる事実として存在していることにある。

多分 今後“マスゴミ”/新聞/T.V 等々に於ける反応は
この種の情報を隠蔽する可能性 大 である。
依って 大多数の日本国民/有権者は 当該 教育門題の本質を
知らされず“つんぼ桟敷”に幽閉され あいも変わらず 現状の最悪状況が
永続することが予測される。

実は 今回の 最高裁 判決に対する 日本国民/有権者に依る
唯一の対抗策が在ります。

そうです  それは“最高裁 判事”個々人に対する“罷免権”が
日本国民/有権者に付与されていることに在ります。

具体的に付言しますと 最高裁 裁判官に対する“国民審査”なる
制度が存在します。

当該“国民審査”制度なるものは 多分 数ヶ月後には 実現するで在ろうとも
言われる“総選挙”が実施される時点にて 同時に実施されます。

この“総選挙”時点での“最高裁裁判官 国民審査”投票用紙の
裁判官 個人名 夫々に“ばつじるし”を書く方法です。

但し この選挙用紙には 絶体に“むじるし”又は“まるじるし”は不可です。
この場合は“罷免”では無く“任免”と解釈されます。

尚 この“裁判官”を罷免せしめる為の条件は 投票数の過半数が
“ばつじるし”を付ける必要が有ります。(約3000万票)

但し 残念乍ら 現状の大多数の日本国民/有権者は 多分
“最高裁裁判官 国民審査”投票なるものの認識は 極めて希薄であるものと
思われます。

即ち 受領した 当該 投票用紙は 即“むじるし”状態にて投票箱へ直行である。
因みに 過去に於いて最高裁裁判官が“罷免”された事例は 多分 皆無では ...

以下は 悲観論にて 恐縮ですが ...
次回の“総選挙”時点に於いては 淡き/儚き 悲願では在りますが ...
例え 幾許かで有れども 最高裁裁判官の心胆を寒からしめる程度の 罷免票が
集まることを 八百万(やおよろずの)の神々に 祈願する次第である。

何れにせよ 少なくとも 現状の“ミンス=ちょうせん党”に依る 政権与党が
続行する限り 前記“教育門題”は政治的には 結着せぬことは 残念ながら
明確である。

何故なら 何せ“ミンス=ちょうせん党”の幹事長には かの諸悪の根源である
“日教組”の 元 親玉“コシイシ”が 鎮座している。

更に“ミンス=ちょうせん党”内部には“日教組”に依る 公職選挙法違反を厭わぬ程の“選挙運動/支援”に依り当選している 国会議員 即ち“日教組”丸抱えの
“国会議員”が 少なからず存在している可能性が 大 である。

何せ“ミンス=ちょうせん党”なる存在は 前回の衆議院選挙に於いて
現時点より 返り見ますと不可思議 至極では有りますが 残念ながら現状は
絶体的 多数党に祭り上げられている。

換言しますと 当該“教育門題”なるものは“日教組”サイド としては
曲がり間違えると 己の“存在価値”が全否定され 破滅の域に至るものとして
お得意の“数”の力を駆使してでも 己の“執念/妄念”を死守する為に
“陰湿な陰謀”を 駆使し反抗に転じる可能性 大 である。

要は より多くの日本国民/有権者が 如何に教育現場の“現状/現実”を
認識するか 如何?
に依って 今後の ことの全ての趨勢が確定するものと思考する次第である。


スレッド記事表示 No.738 ひだりまき集団=ミンスを叩く BLACK HOLE 2011/11/18(金) 12:23 [ 返信 ]
   ┣No.739 RE:“ひだりまきども”が嫌う情報です BLACK HOLE 2011/11/22(火) 18:11
   ┣No.740 RE:ひだりまきミンスの実態を露呈した 具体的 情報です BLACK HOLE 2011/11/25(金) 17:19
   ┣No.741 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第二弾 BLACK HOLE 2011/11/30(水) 17:13
   ┣No.747 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第三弾 BLACK HOLE 2011/12/09(金) 17:38
   ┣No.748 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第4弾 BLACK HOLE 2012/01/21(土) 15:22
   ┣No.750 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第5弾 BLACK HOLE 2012/01/23(月) 18:08
   ┣No.753 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第6弾 BLACK HOLE 2012/01/28(土) 17:54
   ┣No.754 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩 第6弾 BLACK HOLE 2012/02/16(木) 17:48
   ┣No.757 RE:ひだりまき集団=ミンスを叩く 第9弾 BLACK HOLE 2012/02/26(日) 14:07
   ┣No.759 RE:“ミンス左翼ちょうせん党”を叩く 第10弾 BLACK HOLE 2012/04/14(土) 16:41
   ┣No.791 RE:ミンスちょうせん党に纏わる選挙の実態は BLACK HOLE 2012/11/30(金) 18:41
   ┗No.793 “左翼ちょうせんミンス党”を叩く 第12弾 BLACK HOLE 2013/02/09(土) 15:05

  





■<藤岡先生の名誉を守る会〉の法廷報告 (平成20年7月20日現在)

怪文書1  怪文書2  怪文書3  怪文書4 怪文書5  怪文書6

怪文書4及び怪文書5に使われた原文



■リンク

日本流まな板  新しい歴史教科書を支援(広義)する掲示板 本板 姫板 姫板ウラ


東京三多摩支部事務局 
Powered by WEBでき掲示板