東 京 支 部 掲 示 板


   全国の善男善女が書きこむ板です。
 
 『新しい歴史教科書』が文字通り新しくなって生まれ変わりました。
歴史教科書刷新の運動は新たな時代に突入致します。
伝統に学んだ豊かな知恵を集め、汚れのない心で若い世代を育てましょう。


つくる会のtwitter

自由社
     新しい歴史教科書をつくる会  つくる会 東京支部
 


[875] RE:歴史捏造への反撃・藤岡信勝 Name:  桜子 Date:2017/09/02(土) 23:41


【歴史捏造への反撃 藤岡信勝】(5)通州事件「世界記憶遺産」登録申請に中国困惑

 昭和12(1937)年、盧溝橋事件から3週間後の7月29日未明、中国・北京郊外の通州(現・北京市通州区)に在住していた400人の日本人同胞は、本来、居留民を守る任務を帯びていた地方政府の中国人部隊に、突如襲撃された。

 「日本人は皆殺せ!」と呼号する3000人の反乱部隊は城門を閉鎖した上で、日本人家屋から罪のない老若男女を次々と引きずり出した。群衆の面前で全裸にし、撲殺、強姦、眼球えぐり取り、内臓引き出しなど、天人ともに赦さざる猟奇の蛮行を繰り広げた。処刑場では集団銃殺があり、女性多数が惨殺された日本旅館は血の海となった。民間邦人の犠牲者は225人にのぼった。

 東京日日新聞(現在の毎日新聞)は、この通州事件を1面トップで報じ、「比類なき鬼畜行動」「我居留民の暴虐の限り」と報じている。

 事件から80年目となる今年2017年7月29日、「記憶と慰霊の国民集会」が開催された。東京・有楽町の会場は満席で、立ち見が出るほどだった。

 集会で最も注目されたのは、事件の「体験者」加納満智子さんの登壇だった。旧姓は浜口で、事件で殺害された父は「満洲棉花協会」から派遣されて通州の綿花増産の支援に来ていた。

 事件発生時、母の浜口茂子さんは、協会の家族十数人と一緒にいた。ほぼ全員が殺されたが、満智子さんを身ごもっていた茂子さんと、もう1人の妊婦が生き残った。血の海の中で死んだふりをして、奇跡的に生き延びたのである。3カ月後、満智子さんは生まれた。

 満智子さんは集会で、「通州事件」という言葉が常に心にあったと語った。通州事件が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に登録申請されるという新聞記事を読んだ時、「是非、自分の資料も参考にしてほしい」と思い、登壇していると述べた。

 事件を生々しく伝える父の遺品として、満智子さんは分厚い日記帳を紹介した。銃弾を受けて深くえぐられたように破れており、会場の人々に深い衝撃を与えた。

 集会当日、満智子さんは靖国神社に参拝し、父が軍属として靖国に祭られていたことを確認した。「何か自分の中で、1つの人生の区切りがついたような気がする」と感慨深く語った。

 中国政府は2015年、南京事件をユネスコの世界記憶遺産にごり押しで登録させたが、「パンドラの箱」を開けたと言える。

 私(藤岡)が代表を務める「通州事件アーカイブズ設立基金」は昨年、チベット亡命政府前議員とともに「通州事件」と「チベット弾圧」を、世界記憶遺産に共同申請した。来年は「南モンゴルの文化大革命期の虐殺」が申請される。

 1つの動きが次々と連鎖反応を生み、さざ波のように広がってゆく。「歴史捏造」に対する日本人の反撃は、今後も止むことはない。
(拓殖大学客員教授)
=おわり



スレッド記事表示 No.871 歴史捏造への反撃・藤岡信勝    桜子 2017/09/02(土) 23:36 [ 返信 ]
   ┣No.872 RE:歴史捏造への反撃・藤岡信勝    桜子 2017/09/02(土) 23:38
   ┣No.873 RE:歴史捏造への反撃・藤岡信勝   桜子 2017/09/02(土) 23:39
   ┣No.874 RE:歴史捏造への反撃・藤岡信勝    桜子 2017/09/02(土) 23:40
   ┣No.875 RE:歴史捏造への反撃・藤岡信勝    桜子 2017/09/02(土) 23:41
   ┗No.879 RE:歴史捏造への反撃・藤岡信勝    桜子 2017/09/03(日) 02:14

  





■<藤岡先生の名誉を守る会〉の法廷報告 (平成20年7月20日現在)

怪文書1  怪文書2  怪文書3  怪文書4 怪文書5  怪文書6

怪文書4及び怪文書5に使われた原文



■リンク

日本流まな板  新しい歴史教科書を支援(広義)する掲示板 本板 姫板 姫板ウラ


東京三多摩支部事務局 
Powered by WEBでき掲示板